気を遣いすぎる人の5つの心理や特徴

誰よりも周りのことに目を
配り、自分がどう感じるか
よりも相手や周りの人がどう
感じるかに重きを置いて
行動や発言をする人。

 

このような必要以上に気を
遣いすぎる人ってあなたの
周りにもいませんか?

 

このような人を「凄いな」
と思う人もいれば、
「もっと気楽になれば
いいのに」と思う人も
いるでしょう。

 

一体どの様な心理や特徴が
あって、必要以上に気を
遣っているのでしょうか?

 

今回は「必要以上に気を
遣いすぎる人の5つの
心理や特徴」をご紹介
します。

スポンサードリンク

気を遣いすぎる人の5つの心理や特徴

必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴①心配性で先読みしすぎる

必要以上に気を遣いす
ぎる人というのは、状況を
先読みする力やセンスが
長け過ぎているという
場合があるのです。

 

その力の源となっている
のが、心配性という特徴
なのですね。

 

あれは大丈夫だろうか。

 

もしかしたらこうなる
かもしれない。

 

もしこう言われたら
どうしよう。

 

などと、常に先のことまで
見越して頭を働かせて考えて
いる場合が多いのです。

 

これは立派な長所とも言え
るのですが、先を見越す
力やセンスを身につけ過ぎ
たあまりに、

 

何事もすぐに目先のことに
目を向けてしまう習慣が
着いてしまって、目の前の
ことが疎かになって
しまったり、

 

常に上の空状態になって
いたりするという場合も
あるそうです。

 

必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴②失敗を恐れている

必要以上に気を遣いすぎる
人の中には、失敗を恐れて
いるという心理から、

 

常に気を張り巡らせている
という場合もあるそうです。

 

失敗というのは仕事などの
失敗のことを指しますが、

 

その失敗すること自体を
恐れているというよりは、
その仕事を失敗することに
よる周りの目線が怖くて
失敗を恐れてしまっている
といったところでしょうか。

 

常に周りの目線を気にし
ながら、怒られないように、
迷惑をかけないように
という心理の元行動や発言
をしているのです。

 

このことから、自分の本能に
従うということをあまり
せずに、常に他の人がどう
思うか、自分の意見や感情
は置いておいて他の人は
どのように感じるかを

 

基準にして動いています
ので、人よりも気疲れして
しまいやすいタイプだと
言えますね。

スポンサードリンク

必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴③責任感が人一倍強い

必要以上に気を遣うという
人は、なんの根拠もなく
気を遣っているということ
では無いようです。

 

必要以上に気を遣う人の
多くは、人一倍の責任感の
強さがあるという特徴が
あるのですね。

 

だれよりも「こうしなければ」
という気持ちが強いのです。

 

先ほどご紹介した
「失敗を恐れている」という
心理からも、この責任感の
強さに関連する心理というの
が伺えますよね。

 

しかし、このような心理を
持つ人の中には、特に頼まれ
ているわけでも無いのに
必要以上に責任感を感じて
しまうこともあるようです。

 

こういった場合には、周り
から尊敬の目を向けられる
よりも「頑張り過ぎ」
「見ていて息がつまる」
「もっとと気楽になれば
いいのに」

 

と思われてしまう
ようですね。

 

必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴④曖昧なことが嫌い

必要以上に気を遣う人が、
なぜこんなにも気を遣って
しまうのかという根本的な
内容になるのですが、

 

その根本的な心理として、
曖昧なことが嫌いという
心理があります。

 

必要以上に気を遣いすぎる
人の辞書に「だいたい」
「たぶん」「おそらく」
という言葉はありません。

 

はっきりとした明確な答え
がなければモヤモヤしてしまい、
また嘘も嫌いなのです。

 

すなわち、真面目な性格の
持ち主ということですね。

 

このような心理があること
から、人の心の裏をかいて
しまうという癖がある人も
多いのですね。

 

他人から言われた言葉を、
そのまま素直に受け取る
ことができません。

 

例えば「あなたの○○、
良かったよ」と言われた
場合でも、

 

通常でしたらその言葉を
ありがたく受け取って喜ばしい
気持ちになれるところを、

 

本当はそう思ってないん
じゃないか、今回が良かった
のではなく今までが悪かった
から今回が良く見えただけ
なんじゃ無いか。

 

などとひねくれて物事を
捉えてしまという癖の
ある人もいるようです。

スポンサードリンク

必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴⑤頭の回転が速い

必要以上に気を遣いすぎる
人の中には、頭の回転の
速さが優れているという
人もいます。

 

誰よりも頭をフル回転
させることができて、
いつもたくさんのアイデア
を抱えている。

 

これはとてもいいこと
ですよね。

 

どうしてそのようなこと
が出来るのでしょうか。

 

それは、いつも必要以上に
気を遣うことで、常に人より
も頭を使って物事を考えて
いる人が多いからなのです。

 

失敗しないようにしよう。
迷惑をかけないようにしょう。

 

と、日々慎重に行動や発言
をしていますから、頭を使う
という行為にはかなり
慣れているのですね。

 

また曖昧が嫌いという特徴が
あることもご紹介しましたが、

 

その特徴があることから
わからないことはすぐに
自分で調べます。

 

その習慣があることで、
自然と知識も身につき
頭の回転の速さにも
影響している可能性が
あるのです。

 

必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴まとめ

 

  1. 必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴①心配性で先読みしすぎる
  2. 必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴②失敗を恐れている
  3. 必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴③責任感が人一倍強い
  4. 必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴④曖昧なことが嫌い
  5. 必要以上に気を遣いすぎる人の心理や特徴⑤頭の回転が速い

 

いかがでしたでしょうか?

 

こうしてみると、トータル的
に必要以上に気を遣い過ぎて
しまう人は真面目気質な人に
多いということがわかりますね。

 

しかしその真面目さが功を奏し、
知らないうちにたくさんの
知識が身についていて、

 

頭の回転も早くなっていた
というプラスな面もあります。

 

必要以上に気を遣いすぎる人
というのは、案外強力な労力と
メンタルの持ち主であるの
かもしれませんね。

 

最近は全く人に気を使わなくても
良い働き方がテレビで紹介されて
いました。

 

週4時間だけ働くという
ハイパーボヘミアンという働き方。

 

人に気を遣いすぎて苦痛の方
この働き方も良いのではないでしょうか。

ハイパーボヘミアンという徹底的に自由を求めた生き方となり方

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。