仕事で怒られる人の5つの心理と特徴

仕事にミスは付き物。
それは仕事をしている人間が
完璧ではないからです。

 

しかしそうは言っても、なるべく
仕事のミスは減らしたいもの。

 

ミスをしてしまった時は、
原因を考えて「次はこうしよう」
と対策を立てます。

 

けれど、やっぱり何度やっても
同じ似たようなミスばかりして
上司に怒られてしまう…という
方もいらっしゃるのではないで
しょうか。

 

なぜいつも仕事で怒られて
しまうのでしょう?

 

それには仕事とは別に、何か
他のところで原因があるのか
もしれません。

 

今回は、仕事で怒られる人の
心理と特徴について一緒に迫
っていきましょう。

 

スポンサードリンク
 

仕事で怒られる人の5つの心理と特徴

仕事で怒られる人の心理と特徴1「そもそも怒られている理由や原因を理解できていない」

 

まず大前提として、自分がどうして
怒られる状況に陥っているのか正し
く把握できていない可能性が挙げら
れます。

 

自分の立場や役割を確認した上で、
自分に求められている範囲の仕事を
本当にこなしているでしょうか?

 

ミスをしたのなら、何が原因でミスが
発生したのか確認をする必要も出てきます。

 

また、上司が怒る場合には、普通なら
そのミスへの対策も上司が教えるはず
なので、その言葉に耳を傾けよく聞い
ておきましょう。

 

仕事をミスした自分に対して、上司が
誹謗中傷に近いことしか発言していな
いのなら、立派なパワハラなので然る
べき機関に連絡しましょう。

仕事で怒られる人の心理と特徴2「何か気掛かりなことがある」

 

自分の中で何かずっと
気にしていることはあ
りませんか?

 

人間は、何か心に支えている
ことがあると、それを無意識
的に考えてしまっているもの。

 

多少なりとも、意識の一部分が
その気になっていることに向い
てしまっているとなれば、ミス
も出てきて当然でしょう。

 

特に気掛かりなことは思い当たら
ないという方も、実は自分の気付
かない心の深いところで気にして
いるものがあるかもしれません。

 

時には一度、自分を丁寧に見つめ
直しながら振り返ってみることも
必要です。

 

スポンサードリンク
 

仕事で怒られる人の心理と特徴3「ミスをしないように気をつけすぎている」

 

「仕事でミスをしないように…」
と気をつけすぎるのも考え物です。

 

用心深いことで、確かにミスをする
確率は下がるかもしれません。

 

しかし、あまりに注意しすぎると、
ミスをしないことが最優先となって
仕事の進行が遅くなってしまうこと
があります。

 

仕事はほとんどのものに
期日があります。

 

できれば余裕を持ってその仕事
を終わらせられることが望まし
いです。

 

ミスを避けたせいで、仕事が
間に合わなくなったらそれこ
そ本末転倒ですよね。

 

加えて、何か仕事でチャレンジ
できることがあっても、失敗を
恐れているならばしないでしょう。

 

その挑戦で、また挑戦に失敗した
としても自身が成長できる機会か
もしれないのに、自分から逃して
しまっているのです。

 

仕事で怒られる人の心理と特徴4「怒られることに異常な恐怖を感じている」

 

心理3と関連しますが、人から
怒られることを極端に嫌がって
はいないでしょうか?

 

確かに、他人から怒られて
嬉しく思う人はまずいない
でしょう。

 

誰でも褒められながら仕事が
できればいいと考えているは
ずです。

 

ビクビクしながら仕事をすれば、
それは普通の精神状態ではないで
すから、自分のパフォーマンスに
も悪い影響が出てきます。

 

心理2で気掛かりなことがあると
ミスをしやすいことを指摘しまし
たが、それと同じことです。

 

一つの考え方として、上司に怒って
もらえている状態はセーフで、普通
のことだと考えましょう。

 

自分がミスをしても、もう周囲の
誰も怒ってくれなくなってしまっ
たらアウトです。

 

怒られている状況は辛いものですが、
自分に目を向けて怒るという行動を起
こしてくれている人がいることも事実。

 

ミスは完全にはなくせないので、
ある程度怒られる状況は必ずある
ものです。

 

あまり気負わずにいきましょう。

スポンサードリンク

仕事で怒られる人の心理と特徴5「発達障害の傾向がある」

 

・上司の細かな指示が覚えられない
・曖昧な指示は苦手
・忘れ物などうっかりが多い
・臨機応変に対応することができない

 

など、思い当たる節はあるでしょうか?

 

複数当てはまる場合には、
発達障害の傾向があるかも
しれません。

 

しかしあくまで傾向があるだけで、
正式な診断には、しっかりと専門家
のカウンセリングを数回に渡って受
ける必要があります。

 

「発達障害の認定を受けるために
心療内科に行くのなんて嫌だ」と
思われる方もいらっしゃるかもし
れません。

 

しかし、発達障害の診断をされた人
の中では、自分の能力や人格のせい
でミスをしているわけではないこと
が分かって、気が楽になったという
方もいらっしゃいます。

 

発達障害は生得的なものなので、
その人の性質なのです。

 

本人の努力によって改善できる
ものではないので、上手くいっ
ていないのは本人の生き方のせ
いではないというところが重要
です。

 

(薬で症状を改善できる場合
があります。)

 

発達障害によるミスは周囲から
見れば、本人の努力不足のよう
に見えてしまいがちです。

 

そんなことはないのだと、客観的に
理解してもらうために、正式な診断
を受ける手もありますよ。

 

仕事で怒られる人の5つの心理と特徴まとめ

 

  1. 仕事で怒られる人の心理と特徴1「そもそも怒られている理由や原因を理解できていない」
  2. 仕事で怒られる人の心理と特徴2「何か気掛かりなことがある」
  3. 仕事で怒られる人の心理と特徴3「ミスをしないように気をつけすぎている」
  4. 仕事で怒られる人の心理と特徴4「怒られることに異常な恐怖を感じている」
  5. 仕事で怒られる人の心理と特徴5「発達障害の傾向がある」

 

いかがでしたか?

 

仕事で怒られてしまう理由には、
もしかしたら仕事とは違うところ
に原因が潜んでいるかもしれません。

 

何度も仕事で怒られてしまうこと
があったら、仕事という枠から一
旦抜け出して、自分自身について
よく考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。