働きたくない人の5つの心理的特徴

仕事を続けていくなかで
いやになったり
辞めたくなることも
ありますよね。

 

そういった気持ちが
エスカレートしていくと
働くことが
だんだん嫌になっていきます。

 

しまいには
働きたくないという
ところまで行く
可能性は誰にでもあります。

 

働くことの土台には
生活のために働くということが
誰でもあります。

 

どんな職業を選ぶにしても
生きていくには
働くことをやめることは
できません。

 

働きたくない人には
どのような心理的特徴
あるのでしょうか?

スポンサードリンク

働きたくない人の5つの心理的特徴

働きたくない人の心理的特徴1「抑圧から逃れたい」

 

私たちは
労働を提供する対価として
お金をいただいています。

 

お金をいただくために
やりたくない仕事を
やることもあるでしょう。

 

上司やクライアントを
持ち上げなくてはいけないことも
あるでしょう。

 

自分に合わないと感じて
辞めたくても
生活のために仕事を
辞められない人もいるでしょう。

 

いろいろなしがらみの中で
自分の本当の気持ちを
抑圧し続けながら
仕事をするうちに
心が破綻してしまう人がいます。

 

心が破綻して
病気という症状が
あらわれる前に
ストレスが溜まってきたと
思ったら手を打つことが
必要です。

 

身近な人に相談したり
専門家のアドバイスを
受けることが
きっかけとなって
抑圧した気持ちを
解放できるでしょう。

スポンサードリンク

働きたくない人の心理的特徴2「仕事が合わずやる気がでない」

 

自分で選んだ仕事でも
続けていくうちに
同じ作業の繰り返しだったり
自分には合わないと感じて
働きたくなくなる人もいます。

 

仕事に慣れるまでは
一生懸命働きますが
次第に慣れてくると
コツや要領がつかめてきて
最初の頃の緊張感は
薄れていきます。

 

そうなるとだんだんと
自分の気持ちがでてきます。

 

合わない
楽しくないと
思うようになったり
同僚や上司などの
人間関係がうまくいかないことが
きっかけとなって
仕事が合わないと感じて
やる気が出なくなって
働きたくなくなってしまうのです。

 

この場合
どうして働きたくないと
思うのかその理由を
自分自身に問いかけてみましょう。

 

働きたくない人の心理的特徴3「責任を求められて辛くなる」

 

会社の中で
能力を買われて
責任のある仕事を
任されている人で
その責任の重さに
辛くなってしまい
働きたくなくなる
場合があります。

 

仕事を任されるのは
自分の価値を認められて
うれしい反面
その仕事に伴う責任を
果たすことを要求されます。

 

その責任感の大きさに
やりがいを感じる人もいますが
逆に責任感が重荷になって
だんだんと辛くなって
しまう人もいます。

 

ある意味
責任感が強すぎる人だから
その重さに耐えられなくなって
しまうのでしょう。

 

自分が感じている責任と
求められている責任の
大きさが同じものなのかどうか
客観的な視点で見てみましょう。

 

責任感に押しつぶされそうに
なる前に上司に相談してみることも
大切です。

スポンサードリンク

働きたくない人の心理的特徴4「職場の人間関係が重荷」

 

人間関係のない仕事は
ありませんが
職場環境によっては
人間関係が仕事そのものよりも
重視される場合があります。

 

人間関係の感じ方は
人それぞれですが
SNSがこれだけ受け入れられている
社会状況では
濃密な人間関係が重荷だったり
うっとうしいと感じる人も
多いでしょう。

 

もともと
人間関係が苦手な人もいます。

 

そうしたことなどが理由となって
人間関係を重荷に感じて
働くことが嫌になり
働きたくないと思うように
なる人もいます。

 

そんな時は
人間関係で自分が無理しすぎていないか
自分の心に素直になって
考えてみましょう。

 

全く人間関係をなくすことは
できませんが
最小限の人間関係でも
良好に築いていくように
変えてみましょう。

 

人間関係を重荷と感じる気持ちが
少しずつ変化していくでしょう。

スポンサードリンク

働きたくない人の心理的特徴5「存在価値を感じられない」

 

自分なんてどうせ
いてもいなくても同じなど
職場で自分の存在価値を
感じられないと
働くことが辛くなり
働きたくなくなって
しまう人もいます。

 

誰でも存在価値を
感じられるからこそ
生きていけるのです。

 

この場合は
仕事でも職場の人間関係でも
なにか存在価値を感じられることを
見つける努力をしてみましょう。

 

自分で感じていないだけで
本当は周りから必要な人として
認められている場合もあります。

 

この観察を
1か月続けてみてください。

 

どうせないでしょ
と思わずに
あるかもしれない
とポジティブな気持ちで。

 

働きたくない人の5つの心理的特徴まとめ

 

働きたくない人の5つの
心理的特徴をまとめると

 

  1. 働きたくない人の心理的特徴1「抑圧から逃れたい」
  2. 働きたくない人の心理的特徴2「仕事が合わずやる気がでない」
  3. 働きたくない人の心理的特徴3「責任を求められて辛くなる」
  4. 働きたくない人の心理的特徴4「職場の人間関係が重荷」
  5. 働きたくない人の心理的特徴5「存在価値を感じられない」

 

という心理的特徴が挙げられます。

 

働きたくなくなってしまうと
生活に影響があるだけでなく
生き方にも影響します。
本気で働きたくなくなる前に
何故そう思うのかを
見つめなおしてみましょう。

 

きっとその答えは
あなたの心の中にあります。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。