占いを信じる人の5つの心理や特徴

占いは私たちの身近に
あるものです。

 

朝のテレビ番組では
ちょっとした十二星座の占いを
よく見かけますし

 

また、占ってもらおうと思えば
占い師の方に予約を申し込んで
やってもらうこともできます。

 

さて、みなさんは
占いを信じるタイプですか?

 

「なんだか胡散臭い気がする…」
と思う方も

 

「信じている!」
と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

占いを信じない人からすれば

 

「占いって根拠が
よくわからないのに
どうして信じるの?」

 

と疑問に感じることが
多いようです。

 

確かに気になりますね。

 

占いを信じる人は
どうして信じているのでしょうか?

 

そこで今回は、占いを信じる人の
心理や特徴について
迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

占いを信じる人の5つの心理や特徴

占いを信じる人の心理や特徴1「人から言われたことを信じやすい」

 

全ての占いがそうだとは限りませんが
占いは基本的に、誰にでも当てはまる
ような表現をします。

 

例えば

 

「今週は何か良くないことが
起きるかも…」

 

と雑誌に書いてあるとします。

 

しかし、良くないことが
具体的にどういうことなのかは
書いていません。

 

つまり、その人にとって
悪いことが起きたら

 

「これがあの雑誌にあった
良くないことか!」

 

と、広く解釈できるようになります。

 

加えて、一週間という長い期間に
全ての日が完璧に上手くいっている
ということはほぼありませんよね。

 

このように、ほとんどの占いは
より多くの人に当てはまるような
当たり障りのないことを言って

 

あたかもその占いが
当たったかのようにしている
ことが多いのです。

 

占いを信じる人は

 

「本当に当たった!」

 

と、簡単に他の人の言うことを
信じやすい人なのかもしれません。

 

占いを信じる人の心理や特徴2「他力本願なところがある」

 

占いをするに当たって
何の目的もなく占ってもらおう
とする人はあまりいらっしゃら
ないかもしれません。

 

本格的な占いなら
尚更その傾向があり

 

ほとんどの方は何か
考えていることがあって

 

自分の未来を占って
もらおうとします。

 

恋愛のこと
仕事のこと
家族のことなど

 

自分でどうしようか
考えている部分があって

 

占いの結果を見て
どう行動しようか決めようと
しています。

 

それは他力本願な
スタンスかもしれません。

 

自分で自分のことを決めず
占いに頼ってしまっている
わけですから。

 

占いを参考にすることは
決して悪いわけではないですし
それも一つの手段です。

 

しかし、とても大事な選択ほど
自分で考え抜いた上で行動した方が
後悔はないでしょうね。

スポンサードリンク

占いを信じる人の心理や特徴3「不安定な精神状態である」

 

心が不安な状態だと
何かにすがりたくなるものです。

 

自分がこれからどうしたら
いいのかを示してくれる存在が
欲しくなります。

 

占いは、そういった点で
精神的に良くない状態の人と
相性が良いのです。

 

だから、心に迷いがある人は
占いを信じやすくなります。

 

占いが本当に当たっているのかは
ひとまず置いておいて

 

何かについて悩んでいる時
一度は占いに頼ってみることも
ありかもしれません。

 

しかし、全てを占いで決めた時
何か自分で困ったことになっても
占いは責任を取ってくれません。

 

今より前進するために
色々と悩むことは
しんどいことでもありますが

 

信頼できる人たちに相談をしたり
心理カウンセリングを受けたりして

 

少しずつでもいいので
自分で自分のことを決めていく
べきでしょう。

占いを信じる人の心理や特徴4「自分に劣等感がある」

 

自分に劣等感があるが故に
頑張ろうという気になれない方がいます。

 

「自分なんか頑張っても
どうせ変わらない…」

 

と思っている方が
不思議と占いを信じることで
頑張る力が出ることがあります。

 

その方にとって
占いは自分のパワーなのです。

 

信じることで自信のない自分が
頑張れるのなら、占いを信じる
しかないですよね。

 

そのため、占いに傾倒していきます。

 

もちろん、占いを自分の
エネルギーにできることは
良いことなのですが

 

占いしか頼れるものがない
という状況も危険です。

 

占いがなくなったら
その方はまた頑張れなく
なってしまいます。

 

劣等感がある場合には
自分に自信をつけるために

 

素直に自分を肯定してあげる
ことが必要になります。

 

「自分と上手く付き合えず
どうしたらよいかわからなくて
日々悩んでいる…」

 

という方は、一度心療内科などの
カウンセリングを受けてみましょう。

 

くれぐれも、一人で悩まないように…。

スポンサードリンク

占いを信じる人の心理や特徴5「前向きになりたい」

 

先程お話したように
人は何かを信じて、それを
自分の拠り所とすることで
大きな力を出せることがあります。

 

どうにか前を向いて頑張ろうと
必死になっている時

 

「これがあるから大丈夫!」

 

と思えるような大きなものが
あれば安心ですよね。

 

占いを信じる方の中には
そんな状況にある方も
いらっしゃるのかもしれません。

 

占いの結果を過信して
鵜呑みにしてしまうのは
怖いものですが

 

その結果を参考にして
それで自分の力にできるなら

 

占いを信じることも
きっと素敵なことでしょうね。

 

占いを信じる人の5つの心理や特徴まとめ

 

  1. 占いを信じる人の心理や特徴1「人から言われたことを信じやすい」
  2. 占いを信じる人の心理や特徴2「他力本願なところがある」
  3. 占いを信じる人の心理や特徴3「不安定な精神状態である」
  4. 占いを信じる人の心理や特徴4「自分に劣等感がある」
  5. 占いを信じる人の心理や特徴5「前向きになりたい」

 

いかがでしたか?

 

占いを信じる人にとって
占いの力は大きなものです。

 

占いがあることで
頑張れたり前向きになれたり
できることは良いことですが
占いに頼りすぎるのは
注意したいところですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。