一人で海外に旅をする人の5つの心理や特徴

一人で海外に旅をする人いますよね。

 

みんなでワイワイ海外旅行へ行ったり
する方が面白いと思う人も多いと思います。

 

そういう人にとっては、

 

「よく一人で海外に旅に出れるな」
「怖くないのかな」

 

などなど色々疑問があると思います。

 

今回は一人で海外に旅をする人の
心理や特徴をみていきたいと思います

スポンサードリンク

一人で海外に旅をする人の5つの心理や特徴

一人で海外に旅をする人の心理や特徴1「新しい環境が好き」

 

一人で海外に行く人の特徴として、
「新しい環境がすき」
ということがまず挙げられます。

 

海外一人旅で行くひとの大抵は、
親しみがあるところではなく、
“今まで行ったことがなかった場所”
を選ぶことが多いでしょう。

 

それは、見たことのない環境や
場所で新しい発見を求めている
からです。

 

常に冒険したい、みんなが知らない、
行ったことがないところへ行きたいと
いう欲求が非常に強い傾向にあります。

 

一人で海外に旅をする人の心理や特徴2「日本国内も旅をしている」

 

海外一人旅に行く人の特徴として、
海外だけでなく、日本もその対象
として旅をしている人もいます。

 

日本のことを知っておかないと、
海外へ一人旅へ行ったときに後悔する。
というのが理由に挙げられます。

 

その背景として、海外へ一人旅に
行くと、出会う人出会う人、外国人
であることが多く、自分自身が
“日本人”としての自覚を持つ
必要が出てきます。

 

また、日本について質問される
ことも多いでしょう。

 

その際に、日本の観光地や自分目線で
見た日本について説明出来たら、
人間関係が深まります。

 

また自身が外国の人に、その国の
文化を尋ねたとき、きちんと
教えてくれたら、

 

「その国へ行ってみよう!」と次の
目的地の一つになるかもしれません。

 

ですから一つの特徴として日本も旅を
しているということもあげられます。

スポンサードリンク

一人で海外に旅をする人の心理や特徴3「旅友達が多い」

 

海外へ一人で行く人の特徴として、
「同じく一人旅が好きな友人を多く持っている」
ことが挙げられます。

 

同じ共通の趣味を持つもの同士で
コミュニケーションが取れる状態に
あればそこに対するモチベーションが
心理的に維持されます。

 

海外一人旅へ良く行く人は、
そういった友人と情報交換を
していることが多いです。

 

一人で海外に旅をする人の心理や特徴4「出会いを求めている」

 

一人旅好きは基本的に人との出会いが
好きな人が多いです。

 

出会いはとてもドキドキするもの
ですし時には人生を左右するくらいの
出来事にも発展します。

 

こういった刺激を常に求めている
傾向があります。

スポンサードリンク

一人で海外に旅をする人の心理や特徴5「外国語が話せる」

 

外国語が得意な人は海外へ行く際の
心理的不安(メンタルブロック)の
言語問題をクリアしています。

 

ですからかなり一人で海外に旅をする
ことに対して、通常の人よりも
メンタルブロックがありません。

 

海外へ行く際の不安要素の中でも
言語問題というのは大きい要素
ですからこういった特徴もあるでしょう。

 

一人で海外に旅をする人の5つの心理や特徴と対処法まとめ

 

一人で海外に旅をする人の5つの心理や特徴をまとめておきます。

 

  1. 一人で海外に旅をする人の心理や特徴1「新しい環境が好き」
  2. 一人で海外に旅をする人の心理や特徴2「日本国内も旅をしている」
  3. 一人で海外に旅をする人の心理や特徴3「旅友達が多い」
  4. 一人で海外に旅をする人の心理や特徴4「出会いを求めている!」
  5. 一人で海外に旅をする人の心理や特徴5「外国語が話せる」

 

以上5つが、一人で海外に旅をする人の心理や特徴です。

 

一人で海外に旅する人ってどういう
感覚なんだろうと思う方は参考に
してみてください。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。