人見知りな人の5つの心理や特徴

いつも人と接する時は控えめで、なかなか自分からコミュニケーションを図ろうとしない人っていますよね。

特に大人数でいる時なんかは、人の陰に隠れる様に身を潜めてしまい、みんなの会話の中に入ることを避けてしまう様な光景も、人見知りな人の中ではよくみられます。

この様に人と関わることを苦手とする人見知りな人というのは、一体どの様な心理や特徴があるのでしょうか?

今回は、「人見知りな人の5つの心理や特徴」をご紹介したいと思います。

人見知りな人の5つの心理や特徴

人見知りな人の心理や特徴①相手の反応ばかり気にする

人見知りな人は、人と話す時に常に相手の反応を伺うように話すという特徴が見られます。

自分が発言する内容によって相手がどの様な顔をするのか、相手がどのように思っているのかを常に気にしがら話しているのですね。

なぜ人見知りな人はこのように相手の顔色を伺いながら話すというような事をするのか。

それは、そのように相手の顔色を伺っている背景にある「嫌われたくない」という心理が影響しているからなのですね。

人見知りな人というのは、周りから見た自分というものを極端に気にしてしまう傾向がありますので、その結果人と接するときも話の内容よりも相手の顔色を伺う方に集中してしまうという特徴があります。

また、嫌われたくないという心理の他にも、「見下されたくない」というような強がる心理が含まれている場合もあるようです。

人見知りな人の心理や特徴②会話が続けられない

人見知りな人と会話する時って、なかなか会話が続かないなと感じたことがありませんか?

自分から話題を振っても、相手から返ってくる言葉はいつも返事に困るような返答しにくい内容だったり、相手が口ごもってしまってそこで会話がストップしてしまうなど。

このような人とは会話も弾みませんし、こちらも気を遣ってしまい変な空気になってしまいますよね。

なぜ人見知りな人とは会話が続かないのかというと、人見知りな人には上がり症の人が多いという事が原因になっているからなのです。

人前に立っているわけでもなく、ただ面と向かって人と接するということにも極度に緊張感を覚えてしまいます。

また、この上がり症という特徴の裏には真面目な性格が影響している場合もあり、その場合は「ちゃんと喋らなきゃ」「気の利いた事を言わなきゃ」など、自分にプレッシャーを与えてしまっている事によって、自分自身で緊張感を増す環境を作ってしまっている可能性があるのです。

人見知りな人の心理や特徴③自分に自信が持てない

人見知りな人が複数人との会話をする際に前に出れなかったり、自分からコミュニケーションを図ろうとしないのには、自分への自信のなさという心理が影響している可能性もあります。

例えば自分自身の容姿に自信が無くいつもうつむき気味だったり、自分の持っている話題に自信がなかったり。

そのようなあらゆる自信の無さから、自分から進んで前へ出る事を苦手としてしまうのですね。

この様な心理の裏には、完璧主義という性格が影響している場合があります。

少しの欠点でも人一倍大げさに捉えてしまい、自分はダメな人間だ。

自分は人からバカにされる。

などと過度に自分を責めてしまう傾向があるのです。

そのような自分に対して高いハードルを設定してしまう事により、それを超えられない自分を過度に責め、それが自信を失う事に繋がっているのです。

人見知りな人の心理や特徴④他人に興味が持てない

人見知りな人の中には、特に自分が前に出る事を恐れているというよりは、そもそも他人への興味が
あまりないというような心理が影響している場合もあります。

今までご紹介してきた心理や特徴の場合は、自分からコミュニケーションを図ることを苦手としながらも、心のうちではみんなともっと関わりたい、会話を楽しみたいという心理がある場合が多いのですが、この場合はそもそも他人と関わりたいという意欲がないのですね。

自分以外の人がどう思っているのか、どのような意見を持っているのかということに一切の興味が持てないので、もちろん会話などにも参加したいとも思わないのです。

自分が興味のあるもの、興味のないものに対してははっきりと線引きするという特徴があるのですね。

人見知りな人の心理や特徴⑤対人恐怖症の可能性がある

人見知りな性格を持つ人の中には、人見知りを超えて「対人恐怖症」が原因になってしまっている場合もあります。

単なる人見知りでしたら、ただ内向的な性格ということで事が済むのですが、この対人恐怖症にまで
発展してしまうと、人と会うことすら嫌になってしまい引きこもりがちになってしまうなど、私生活にも支障が出てきてしまうことがあるのです。

人と関わることに対して気分が乗らないというよりも、人と接することに恐怖すら感じてしまっているのですね。

この対人恐怖症に陥ってしまう原因は様々ですが、主に過去に人間関係でのトラブルがあったり、何かミスをしてしまったなどといった背景が原因である場合が多いのです。

人と接することがトラウマになっているという事ですね。

人見知りな人の心理や特徴まとめ

  1. 人見知りな人の心理や特徴①相手の反応ばかり気にする
  2. 人見知りな人の心理や特徴②会話が続けられない
  3. 人見知りな人の心理や特徴③自分に自信が持てない
  4. 人見知りな人の心理や特徴④他人に興味が持てない
  5. 人見知りな人の心理や特徴⑤対人恐怖症の可能性がある

いかがでしたでしょうか?

人見知りな人には、自分への自信のなさや真面目な性格などが影響している場合や、そもそも他人への興味が持てないといった心理が影響している場合など様々にあるようですね。

また、対人恐怖症という症状の現れである場合もあるということでした。

人見知りになってしまうのには人それぞれの背景が影響している可能性があるので、無理に心を開かせようとせず、その人のペースで心を開いてくれるのを待ってあげるようにしましょうね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。