睡眠時間が短くても平気な人(ショートスリーパー)の5つの特徴と心理

忙しい毎日を過ごす私たちにとって、
睡眠は日中の疲れを取り、脳や体を
メンテナンスする大切な時間です。

 

1日の睡眠時間は人によって様々ですが、
中には睡眠時間が6時間以下と短い、
ショートスリーパーと呼ばれる人もいます。

 

睡眠時間が短くても平気な人の特徴と
その心理についてまとめましたので、
短い睡眠時間が自分に合うかどうかの
参考にしてみてください。

スポンサードリンク

睡眠時間が短くても平気な人の5つの特徴と心理

 

短時間睡眠の人の特徴は、遺伝的特徴と心理的特徴があります。

 

睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴1「遺伝的に短い睡眠でも大丈夫」

 

カリフォルニア大学で行われた
研究によると、睡眠時間の短い人の
“DEC2遺伝子”は変異していることを
つきとめました。

 

これによるとDEC2遺伝子の突然変異に
よって、普通の睡眠時間の人に比べて
短い時間で脳の情報が整理されるため、
睡眠時間が短くても健康に問題がないと
考えられています。

 

そのため、努力によって睡眠時間が
短いわけではないので、変異した
“DEC2遺伝子”をもつ人には短時間
睡眠は自然なことなのですね。

 

睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴2「楽天的な性格」

 

遺伝子以外の特徴として性格があげられます。

 

短い睡眠時間でも平気な人の多くは、
「なんとかなるさ」という楽天的な
性格な人が多いようです。

 

明るい見通しをもつことが習慣と
なっているため、よくない状況でも
深刻にとらえず前向きな気持ちで
対応することができます。

 

いつまでも心にストレスをためるず、
さっと気持ちを切り替えて次々と行動
していくため、チャンスが広がりやすく
新たな気づきを得てそれがさらに次の
チャンスへと広がっていく可能性があります。

スポンサードリンク

睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴3「プラス思考で物事をとらえる」

 

ピンチはチャンスととらえ、
物事にチャレンジしていこうと考えます。

 

失敗を恐れず、逆にそれが成功への
近道ととらえ、積極的に行動を起こします。

 

リスクや最悪の事態も考慮したうえで、
物事に向き合います。

 

たとえ失敗したとしてもその経験を
改善に活かして自ら向上させる
糧としていきます。

 

つまり、自分の解釈や感情という
色めがねで状況をとらえることなく
「すべて活きる」と考え、

 

ありのままを受け止めて目の前の
やるべきことに集中して取り組む
ことができます。

 

睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴4「自分に自信がある」

 

自分に自信のある人は気持ちが
自立しているため自分のやることは
自分で決めて行動します。

 

その行動の積み重ねから、得意分野を
持っていたり、いくつもの成功体験を
経験しています。

 

そのため自己評価が高く、それを踏み台に
自分の行動に責任を持ちながらも前向きに
積極的に行動する習慣があります。

 

ありのままの自分で大丈夫という自信が
失敗やリスクを恐れて行動が止まったり
ネガティブになることなく、気負わずに
人や物事と向き合うことにつながっているのです。

スポンサードリンク

睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴5「好奇心が強く行動的」

 

色々なことに興味を持ちやすく、
好奇心を満足させるために行動します。

 

それは、趣味などに限らず人対しても
同じように、興味を持ちコミュニケー
ションをとるため、人間関係を円満に
築くことに長けているとも言えます。

 

ストレスの大きな原因の一つに
人間関係で抱えた問題があげられますが、

 

相手に興味を持って接することで相手と
円滑にコミュニケーションできることは、
不要なストレスを抱えることなくフラットな
心理状態を維持しやすい傾向があります。

 

睡眠時間が短くても平気な人の5つの特徴と心理まとめ

 

睡眠時間が短くても平気な人の5つの特徴と心理についてまとめると、

 

  1. 睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴「遺伝的に短い睡眠でも大丈夫」
  2. 睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴「楽天的な性格」
  3. 睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴「プラス思考でとらえる」
  4. 睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴「自分に自信がある」
  5. 睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴「好奇心が強く行動的」

 

という遺伝的な要素と心理的特徴が考えられます。

 

変化が激しい時代に対応していくには
活動時間を長くして短時間睡眠で
済ませられれば、と考える人もいるでしょう。

 

短い睡眠時間をひと月ほど試してみて
健康に問題がなく心身の調子に変化を
感じないなら合っているのかもしれません。

 

しかし、日中の活動時間に眠かったり、
体調が悪くなったという場合は
短時間睡眠が合わない可能性が
ありますので無理は禁物です。

 

そんな人は睡眠時間が短くても平気な人
(ショートスリーパー)の心理的特徴を
参考に、自分は自分、他人は他人と
適度な距離を置きながら、

 

ストレスをためずさらりと気持ちを切り
替えるくせをつけて、毎日を気持ちよく
過ごす工夫をとりいれてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。