秘密主義者の5つの心理や特徴

自分から多くを語らないという人。

人に何かを聞かれても、詳細を答えなかったり濁すような答え方しかしなかったり、はたまた質問の内容そのものに答えなかったり。

このような、いわゆる秘密主義者っていますよね。

誰にだって言いたくないことの一つや二つはあるものですが、秘密主義者というのは比較的人に言えないでいる事の数が多いのです。

こちら側が「それくらい言ってくれてもいいのに…」と思うことでも言いたがりません。

このような秘密主義者には一体どのような心理や特徴があるのでしょうか?

今回は「秘密主義者の5つの心理や特徴」をご紹介します。

 

秘密主義者の5つの心理や特徴

秘密主義者の心理や特徴①干渉される事が嫌い

秘密主義者というのは、基本的に他人から干渉される事を好まない傾向があります。

  • 「今どこ?」
  • 「何してるの?」
  • 「今誰といるの?」

などと言った、自分のプライベートに浸入するような事を聞かれるのは嫌いなのです。

なんでそんな事をあなたに教えないといけないの?

そのように思ってしまうのですね。

そもそも、秘密主義者の人の中には人に構われる事を好まないという人が多いのです。

誰かから気を遣われたり、心配されることもあまり良く思わないという人もいる程なのですね。

表上では気にかけてくれる事を悪く思っていないように演出していても、内心では「私に構わないで!」と思っていることもあるそう。

基本的に自分のことは放っておいて欲しい、そっとしておいて欲しいと思っているのですね。

秘密主義者の心理や特徴②他人を信用していない

秘密主義者の中には、人の事をあまり信用していないという心理がある人も時々見られます。

誰かを信じるという事を苦手とし、この人になら打ち明けても大丈夫と思える人があまりいないのですね。

そのことから、

  • 「これを言ったら誰か別の人に告げ口されるかもしれない」
  • 「誰にも言わないなんてあり得ない」

などといった調子で、いくら相手が秘密は守ると言っても決して口を開こうとしません。

また、自分の秘密以外にも真実について口を開くことも躊躇する場合もあります。

その背景には

  • 「本当のことを言って、引かれてしまったらどうしよう」
  • 「本当のことを言えば、もう自分とは関わってくれなくなるんじゃないか」

そのように相手の事を疑ってしまい、なかなか真実が言えないという場合もあります。

この場合、過去に人間関係で何かトラブルがあった可能性があります。

秘密主義者の心理や特徴③プライドが高い

秘密主義者に多く見られる特徴の一つに、プライドが高いというものが挙げられます。

プライドが高い人というのは、自分の価値を下げるような話は決してしませんし、人から自分の揚げ足を取られるような発言や行動をされると怒ってしまいます。

また、自分の弱みを見せるようなこともしませんし、人に自分の弱みを握られることも絶対に避けたいと思っているのです。

このような心理がある事から、自分に関して都合の悪いような事柄は全て秘密にする傾向があります。

ちょっとでも自分の価値を下げるような内容が含まれていたり、自分の弱みを握られる可能性のある内容に関しては、絶対に人にさらけ出さないのです。

このことから人に言えないような話が自然と増えて言ってしまい、

秘密主義者と呼ばれてしまうのですね。

秘密主義者の心理や特徴④一人で行動したい

秘密主義者が何もかもを秘密にして周りと協調しようとしないのには、一人で行動したい、何事
も一人で解決したいという心理が含まれているからなのです。

もし目の前で何か問題が起こったとしたら、それを解決しようと他の人たちが手助けに入ってくれようとするかもしれません。

しかしそれが冷やかしでもなんでもなく、純粋な善意であったとしてもその手助けを拒んでしまうということも、秘密主義者には見受けられます。

誰かと一緒にやるよりも、自分一人で行動した方が事がスムーズに進むという考えを持っているのです。

ですので、問題の内容や経緯などについても明るみにせずに自分一人で抱え込もうとするのですね。

そのような言動の背景には、

  • 自分一人で何でもできる。
  • 人の助けなんていらない。

と、自分を過大評価しているという心理がある可能性があります。

秘密主義者の心理や特徴⑤話し下手

秘密主義者と呼ばれる人の中には、もしかしたら意図的に秘密主義になっているのではなく、誤解によって秘密主義者だと捉えられているという場合あるかもしれないのです。

どういう事かというと、話し下手という特徴が原因となって秘密主義者と勘違いされているということなのですね。

普段から聞き手役に回ることが多く、自分のことを話す機会があまり無い。

そして、自分の事を話す機会がないことから自分の話を人にするという習慣がなくなってしまい、話し方がだんだんわからなくなってくるのです。

実は言いたいと思っているようなことも、言うタイミングが見つけられずに結局自分の話はできないで、聞き手役に回ってしまうのです。

このことから、周りの人には「自分のことは多く語らない人」というイメージが定着してしまい、秘密主義者だと勘違いされてしまうのです。

秘密主義者心理特徴まとめ

  • 秘密主義者の心理や特徴①干渉される事が嫌い
  • 秘密主義者の心理や特徴②他人を信用していない
  • 秘密主義者の心理や特徴③プライドが高い
  • 秘密主義者の心理や特徴④一人で行動したい
  • 秘密主義者の心理や特徴⑤話し下手

いかがでしたでしょうか?

秘密主義者といっても、故意で秘密主義になっている人もいれば、本来は秘密主義者ではないのだけれど秘密主義者だと勘違いされてしまう人もいるということでしたね。

故意で秘密主義の人には、あまりその人の秘密に関して介入するのは良くないのかもしれませんが、後者の勘違いされている人に関しては、誰か周りの人が気づいてあげる必要があると言えますね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。