詐欺に騙されやすい人の5つの心理と特徴

良い人もいれば、悪い人も
いるのが世の常。

 

できることなら良い人とだけ
出会って付き合っていきたい
ものですが、そんなわけには
いきません。

 

悪い人の中には、自分に危害
を加えようとしてこちらに
関わろうとしてくる人がいます。

その多くは、多額の金銭を
得ることが目的であること
が多いです。

 

例えば、代表的なものとしては
詐欺が挙げられるでしょう。
悲しいことですが、様々な手口の
詐欺が数多く存在します。

 

騙すものがいれば、騙されるものも
いることが当然です。

 

その騙される側に立つ人でも、
決して騙されない人と
そうでない人がいます。

 

では、騙されやすい人とは
どのような人なのでしょうか?

 

今回は、騙されやすい人の特徴
に一緒に迫っていきましょう。

 

スポンサードリンク
 

詐欺に騙されやすい人の5つの心理と特徴

詐欺に騙されやすい人の心理と特徴1「自分で物事を考えない」

 

詐欺に騙されやすい人の特徴として、
自分で物事を考えることを放棄して
いるということが多いです。

 

詐欺は相手を騙すためにあるもの
なので、詐欺を働く人の話は、
一見何もおかしくない、道理の
通った話(もしくはとても利益
のあるような話)のように
感じられるようになっています。

 

しかしよく考えてみると、その話が
詐欺であるならば必ずおかしいと思
える点が見えてきます。

 

詐欺に騙されやすい人は、自分で
よく考えないために、話をただ
聞いてそのまま受け入れてしまう
のです。

 

確かに考えることは疲れること
ではあるので、
「考えるのは面倒だ、嫌だなあ」
と感じてついつい避けようとして
しまいます。

 

しかし、騙されてから
考えるのでは遅いです。
騙されないためにも、自分で考える
クセはつけたほうがいいでしょう。

 

スポンサードリンク
 

詐欺に騙されやすい人の心理と特徴2「他人を簡単に信用する」

 

詐欺に騙されやすい人は、
自分で物事を考えることを
しないことが多いとお話しました。

 

よって、自然と他人の言う
ことを信じて、簡単に信用
しやすくなります。

 

突然ですが、あなたが
以下のことを言われたら
どう思われるでしょうか?

 

‟カップラーメンを日常的に
食べる人の99%が、100年
以内に死に至っています!”

 

「え、そうなの?
じゃあカップラーメンって
本当に身体に良くないんだ、
これから食べるのはやめよう」
と思った方は注意です。

 

よく考えてみてください。
そもそも今から100年後に
生きている人がどれだけいるでしょうか?

 

18歳の人でも、100年後には118歳。
現代では医療が発達しているとは
いえ、そんな年齢まで生きる人は
まだ少ないですよね。

 

加えて、カップラーメンというのは
多くの人に日常的に食べられている
ものです。

 

それを食べる人の中には、残念ながら
事故や病気で亡くなる方も含まれるで
しょう。

 

そもそもこの文に当てはまる人々が
多すぎるのです。

 

また、寿命や事故で亡くなることと、
カップラーメンを食べることとは、
何の因果関係もないですよね。

 

こうして、ちょっと考えれば
すぐにおかしな指摘だと分かります。

 

詐欺はもっと巧みな表現で、
おかしな点を隠してこちらを
騙そうとするので、更に注意
深く考えなければなりません。

 

スポンサードリンク
 

詐欺に騙されやすい人の心理と特徴3「他人の思惑を推測できない」

 

相手がどういった考えで
行動を起こしているかを
考えることも重要です。

 

多くの詐欺は、騙される側に
利益をもたらすような話で
あることが多いです。

 

例えば、身に覚えのない
証券会社から、投資を勧誘する
連絡が来たことはないでしょうか?

 

「今買えば絶対に儲かるんですよ」
「お客様に損はさせません」
そんな甘い言葉を巧みに使って、
投資をさせようとしてきます。

 

でも考えてみてください。

 

そんなに確実な話があるのなら、
他人に投資させるのではなくて、
自分たちで投資をして、その利益を
自分たちだけで受ければいいですよね。

 

お客様の役に立って社会貢献を
したいだとか、そんな言葉もあ
るかもしれません。

 

でも、会社である以上ビジネス
なわけで、利益が最優先なはずです。
少なくとも人間は、そんな理想だけ
では生きられないはずです。

 

経済学という学問では、人間は
「自分に利益をもたらす目的で
動いている」ことを前提として、
様々な理論が確立されているくらいです。

 

相手の真の意図というものは
掴み取りにくいものではあります。

 

しかし、自分に関わろうとして
くる人が、本当はどう思って自
分に接しようとしてきているのか、
ある程度推測をつけながら対応
しなければならないことは事実でしょう。

 

スポンサードリンク
 

詐欺に騙されやすい人の心理と特徴4「精神的に弱っている」

 

人間は、身体が疲れていたり、
精神的に参っていると、
いつもの調子で行動できない
ものです。

 

例えば、ついつい気になる
ことがあって、無意識にそれを
考えていたのか、うっかり
忘れ物をしてしまった!
という経験はないでしょうか。

 

どこかが不調だと、頑張ろうと
しても100%全力で動くことが
できないものですよね。

 

特に、精神的に弱っている人は、
辛くてしんどいそんな状態から
早く抜け出したいと、
藁にもすがる思いです。

 

そんな時に、希望が見えるような
甘い話が飛び込んできたら、
信じたくもなるものです。

 

弱っていることで、正常な思考が
できなくなっているわけですね。

 

こういった人は、カルト宗教のような
不当で悪質なものにも騙されてしまいがちです。

 

スポンサードリンク

詐欺に騙されやすい人の心理と特徴5「自分の感情に流されている」

 

特に心身に異常がなく、
また筋の通った思考ができる
人でも、それでも騙されてし
まう人がいます。

 

その人は、自分の感情に
流されているかもしれません。

 

例えば、明らかにこれは
詐欺だと分かっていても

 

「詐欺をするほど、この人は
生活に困っているのではないか」

 

と思ってしまって、甘んじて
詐欺を受け入れてしまうのです。

 

つまり、ちょっと度が過ぎる
お人好しなわけです。

 

周囲に、確かに頼りがいがあって
誰にでも頼られていて、本人も
頼ってきた人は誰でも助けようと
する、そんな人はいないでしょうか。

 

そのような人は、自分が相手を
振り切ることで傷つけてしまう
ことを避けようとします。

 

また、相手を見捨ててしまった
自分を許せないのです。
だから、裏切るくらいなら
裏切られることをします。

 

彼らは、そんな自分を良いとは
思っていませんし、損をして苦
しくなることも分かっています。

 

そんな人たちに私が一つ言える
ことは、人間である以上、全て
の人は助けられないし、助けな
くてもいいということです。

 

助けられなくても、罪悪感を持つ
必要はありません。また、他人よ
り自分を優先することも、人間と
して正常です。

 

自分を守れる人こそ、
他人を守れるのかもしれません。

スポンサードリンク

詐欺に騙されやすい人の6つの心理と特徴まとめ

 

  1. 詐欺に騙されやすい人の心理と特徴1「自分で考えない」
  2. 詐欺に騙されやすい人の心理と特徴2「他人を簡単に信用する」
  3. 詐欺に騙されやすい人の心理と特徴3「他人の思惑を推測できない」
  4. 詐欺に騙されやすい人の心理と特徴4「精神的に弱っている」
  5. 詐欺に騙されやすい人の心理と特徴5「自分の感情に流されている」

 

いかがでしたか?

 

最後に注意していただきたい
ことは、何も自分以外の全て
の人間に疑いの目を向けて接
することをお勧めしているわ
けではないということです。

 

基本的には、信頼する前提で
人と関わりたいものですが、

 

何があるか分からない以上、
少しは自分で考えながら、
本当に自分が信じられる人を
探していくことが大切です。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。