傲慢な人の5つの心理や特徴

皆さんの周囲に
この人傲慢だなあ
と感じる人はいらっしゃいますか?

 

驕り高ぶって
他人を見下すような人とは

 

あまり一緒にいたくない
というのが正直なところ。

 

更に言ってしまえば

 

「そもそもなんでこんなに
自分勝手になれるの?」

 

と、周囲から距離を置いて
冷静に見てみると
そう思ってしまいます。

 

傲慢な人はなぜあんな
振る舞い方をするのでしょうか?

 

なにか理由があって
そうなっているのでしょうか?

 

気になるところですね。

 

そこで今回は、傲慢な人の
心理や特徴について
一緒に見ていきたいと思います。

傲慢な人の5つの心理や特徴

傲慢な人の心理や特徴1「自分が優れていると思っている」

 

傲慢な人は、自分自身について
人よりも優れている人間だ
と思っています。

 

傲慢な人も様々であり
実際にとても優れている方も
残念ながらそうでない方も
いらっしゃいます。

 

彼らは、自分を評価する際は
ほとんど「絶対評価」で
判断をしています。

 

自分の中に
予め自分なりの基準があって

 

それを満たしているので
自分は優れていると
思っているのです。

 

他の人よりできる・できないといった
「相対評価」で自分を判断することは
あまりしていません。

 

なので、大して物事を上手く
こなせないようなのに

 

なぜだか自信満々な方が
存在することになるのです。

傲慢な人の心理や特徴2「自分に自信があり、プライドが高い」

 

傲慢な人は、自分が優れていると
思っているので

 

当然のことながら
自分に自信があります。

 

そして、できる自分に関して
誇りも持っています。

 

通常、自分に自信があることは
素晴らしいことなのですが

 

傲慢な人は、文字通り
自分に自信がありすぎて

 

周囲の人々を
取るに足らない者たちだと考え
見下す態度を取ってしまいます。

 

後で詳しく述べていきますが
他者を下に見てしまうことは

 

本人にとっても
非常にもったいないことになります。

 

また、次のような特徴にも
繋がっていき
本人を苦しい状況に立たせます。

傲慢な人の心理や特徴3「自分の欠点や過ちをなかなか認められない」

 

傲慢な人は、自分ができない
という現実を素直に受け止め
認められません。

 

高すぎるプライドが
それを許さないのです。

 

自分ができないことを
他人から真っ直ぐ指摘されると

 

怒りや憎しみのような
激しい感情が先走ってしまって

 

「うるさいな!
わかってるわ!」

 

と、素直な態度で
現実を受け止めることが
できません。

 

これは、一種の自己防衛であり
そんな現実を否定することで

 

「できる自分」という
アイデンティティーを
崩さないようにしているのです。

 

自分を自分なりに
守ろうとしているのですね。

 

もし「できない自分」を
認めてしまったら

 

自分の中の価値が
ぐらぐらと揺らいで
しまうことになるです。

 

平均的な能力がないのに
傲慢な人がいるのは

 

このような理由からも
説明できます。

 

傲慢な人の心理や特徴4「他人の良さに気付けない」

 

特徴2で、傲慢な人は
自分に自信があって
プライドが高すぎる故に

 

周囲の他者は能力がない
と思って見下していると
お話しました。

 

彼らは、そうした固定観念を
持ち続けているので

 

最初から周囲の人に
真剣に向き合おうと
していません。

 

なので、現実的には
とても優れた能力の人物が
いたとしても

 

彼らの存在に気付かず
深く交流することなく
日々を過ごすことになります。

 

人は、様々な他者と関わることで
自分にはない価値観に触れ
新しい発想に至り
自分の成長に繋がる場面があります。

 

傲慢な人は、その機会を
自ら捨て去ってしまっているのです。

 

これは、本人にとって
とても重大な損失です。

傲慢な人の心理や特徴5「他人の心情に配慮できない」

 

今までお話してきたように

 

傲慢な人は他者を
どうでもいい存在だと
思っているので

 

他者に対して
気に掛けることはしません。

 

「こんなことを言ったら
あの人はどう思うかな?」

 

なんてことは
ほぼ考えないのです。

 

なので、傍若無人に
振る舞うことができるのですね。

 

確固たる自分を持っている
と言えば聞こえはいいですが

 

しかしそれとは別に
他者を蔑ろにすることは
もちろんいけません。

 

有名な哲学者である
アリストテレスは

 

「人間は社会的な動物だ」
と言いました。

 

人は、独りで生きていくことは
できない生き物なのです。

 

社会で生きる上で
他者を思いやることが
できないのは

 

結局本人にとっても
困ることになります。

 

傲慢な人には、誰も
寄り添おうとはしないでしょう。

 

傲慢な人の5つの心理や特徴まとめ

  • 傲慢な人の心理や特徴1「自分が優れていると思っている」
  • 傲慢な人の心理や特徴2「自分に自信があり、プライドが高い」
  • 傲慢な人の心理や特徴2「自分の欠点や過ちをなかなか認められない」
  • 傲慢な人の心理や特徴4「他人の良さに気付けない」
  • 傲慢な人の心理や特徴5「他人の心情に配慮できない」

 

いかがでしたか?

 

傲慢な人は
自分に自信がある一方で
自分の短所を認められない弱さが
あることが分かりました。

 

またプライドが高すぎることで
他者との付き合いに難があります。

 

傲慢な人と付き合うためには
そのプライドを刺激しないように
立ち振る舞えば

 

トラブルには
巻き込まれないかもしれません。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。