貧乏になってしまう人の5つの心理と特徴

いつもお金がない、
お金がないと言っている人

 

貯金すると決めたのに
なかなか貯金が貯まらない人

 

心当たりはありませんか?

 

あなたの周りの人だったり
もしくはあなた自身だったり…

 

貧乏になってしまう人には
どのような心理や特徴が
あるのでしょうか。

 

今回は、「貧乏になってしまう
人の5つの心理や特徴」
ついてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

貧乏になってしまう人の5つの心理と特徴

貧乏になってしまう人の心理や特徴①何にいくら使っているか把握できていない

 

あなたは、食費に月いくら
使っていますか?

 

美容や洋服の為に
月いくらほどの出費が
ありますか?

 

あなたの1か月の交通費は?

 

さて、すぐに答えが
出ましたでしょうか?

 

貧乏になってしまう人は、
大体自分が1か月のうちに

 

何にどれだけのお金が
かかっているかというのを
把握出来ていないのです。

 

これがどうして貧乏になる
ことに繋がるのかというと、

 

「使いすぎ」に気づけない
からです。

 

大体の出費がわかっていれば、

 

「今月は外食が多くて
いつもより食費がかかって
しまったな…今月は控えよう。」

 

と、使いすぎにも気づけて
翌月で調整することが
できるので、浪費に走り
にくいのです。

 

しかし、この使いすぎに
気付けなければ
翌月も、またその翌月も
同じような感覚で
お金を使い続けてしまう
のです。

 

脱貧乏をするためには
まずは自分が月にかかる
お金をしっかり把握する
という事が大切です。

スポンサードリンク

貧乏になってしまう人の心理や特徴②お金を貯める理由がない

 

お金を貯める理由が無いと
なると、貯金の習慣が
付きませんよね?

 

とりあえず何でもかんでも
お金を使ってしまう。

 

電車が面倒だからと
タクシーを使ってしまう。

 

などなど、一向に貯金が
増える傾向はありません。

 

この場合は、まずなにか
欲しいものがある。とか、
旅行にいきたいとか。

 

何でもいいので、なにか
お金を貯める目標を
作るべきなのです。

 

そうすることで、まずは
お金を貯める、貯金するという
習慣が生まれます。

 

さらに、貯金の習慣がつけば、
貯金するをする為に必要な
節約術や、必要最低限のお金
の使い方を自然と身に付ける
ことができます。

 

お金を貯める目標を、
何でもいいのでまずは
一つ作ってみましょう。

 

貧乏になってしまう人の心理や特徴③将来のことを考えていない

 

将来の事を考えていない。

 

すなわち、今が楽しければ
それでいい!

 

といった心理を持つ人は
貧乏になってしまい
やすいといえます。

 

もちろん、今の事しか考えて
いないわけですから、
当然たくさんのお金を
「今」に費やしてしまいます。

 

そして、お金が無くなるころに
初めて気づくのです。

 

「あぁ…あの時無駄使い
しすぎたな…」と。

 

大体の人は後悔をして
しまいます。

 

「今を楽しむ」という事は
人生においてとても大切なこと
ですが、お金に関しては
シビアな考えを持つことも
たまには必要です。

 

給料日まで1週間あるのに
財布にはもう1000円しか…

 

なんてことにならないように
お金の管理は自分でしっかり
しましょうね。

 

貧乏になってしまう人の心理や特徴④物の相場がわかっていない

 

物の相場がわかっていない。

 

イコール、買い物が下手
という事です。

 

物の相場がわかっていないと、
様々な点で損をしてしまいます。

 

たとえば、せっかく節約の
ためにと自炊を始めようと
思ったとしても

 

実際にスーパーに行って、
高いのか安いのかわからない
食材を次々と購入してしまう。

 

これだと、損をしてしまう
可能性が高くなって
しまいますよね?

 

物の相場がわかっていれば、

 

「これはこの値段だと高いな…
だったら別の食材にしよう。」

 

「この商品この店じゃ高いけど
あの店ならもっと安かったな。」

 

など、高い、安いを判断
できるので、上手な買い物が
できるのです。

 

食材に限らず、身の回りの
日用品なども同じです。

 

買い物上手になるためには
いろんなお店を普段から
行き来し、比較するという
事を意識してみましょう。

 

すると、自然と物の相場が
見えてきます。

 

「いつもここでしか買い物しない」
というのは、買い物下手に
なってしまう一歩なので
注意してくださいね。

スポンサードリンク

貧乏になってしまう人の心理や特徴⑤限定商品に弱い

 

「本日限定!」
「当店限定!」
「今週だけの特売!」

 

など、私たちの周りには
様々な「限定」商品が
存在します。

 

しかし、この限定という言葉
は、私たち消費者の正確な
判断を鈍らせる原因なのです。

 

今日はこれを買いに来た!
と思っていても、

 

限定という言葉にそそられて
買う予定の無かったものを
つい手に取ってしまい
気付いたらレジへ…

 

なんて経験のある方も
多いのではないでしょうか?

 

「限定」以外にも
ポイントをつかって消費者の
購入意欲をひこうとする
お店もあります。

 

ポイント10倍!
なんていわれると、
買うつもりのなかったものを
つい手に取ってしまいます。

 

しかし、それが本来必要な
ものでなかったのなら
結果的には無駄なお金を
使ってしまっている。

 

すなわり、損をしている
という事に気づかなければ
なりません。

 

「限定」や「ポイント」などと
いった言葉に惑わされず、
自分が今必要か、必要ないのか
という事を常に頭において
お金を使うようにしましょう。

 

貧乏になってしまう人の心理や特徴まとめ

 

  1. 貧乏になってしまう人の心理や特徴①何にいくら使っているか把握できていない
  2. 貧乏になってしまう人の心理や特徴②お金を貯める理由がない
  3. 貧乏になってしまう人の心理や特徴③将来の事を考えていない
  4. 貧乏になってしまう人の心理や特徴④物の相場がわかっていない
  5. 貧乏になってしまう人の心理や特徴⑤限定商品に弱い

 

いかがでしたでしょうか?

 

思い当たる項目は、ありましたか?

 

金銭管理は、習慣がつくまでは
なかなか難しいことですが
習慣を身に付ければ必ずお金を
貯められるようになります。

 

無駄なものにお金を使って
しまわないよう、
自分のお金は自分でしっかり
管理しましょうね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。