品がない人の7つの心理と特徴

「この人は品がないなあ」

 

と思った経験は
ありますでしょうか?

 

この社会で生きていれば
一度はそう感じさせる人に
会ったことがあるはず。

 

しかし、品がないという印象を
抱かせる行為は一体どのような
ものなのでしょうか?

 

もしかしたら、自分でも
無意識にやってしまって
いる行動があるかも…?

 

気になるところですね。

 

そこで今回は、品がない人の
心理と特徴について
一緒に考えていきましょう。

スポンサードリンク

品がない人の7つの心理と特徴

品がない人の心理と特徴1「言葉遣いが悪い」

 

言葉遣いが悪い人に
良い印象を抱く人は
ほとんどいないでしょう。

 

その人の口をついて出る言葉は
その人が普段から使っているもの。

 

つまり、その人の考えや本性が
現れやすいところなのです。

 

例えば、乱暴な言葉遣いを
している人は、荒っぽい気性の
持ち主である可能性が高いです。

 

また、言葉遣いが悪いと
その人の生い立ちに関しても
悪く思ってしまいますね。

 

「この人の周囲の人も
同じような言葉遣いなのかな?」

 

と育ちの悪さを連想してしまいます。

品がない人の心理と特徴2「食べ方が汚い」

 

食べ方に関しても、
言葉遣いと同じように
その人への印象が
大きく左右されます。

 

食べるということは
日常的な習慣ですよね。

 

その人の日頃の行いが
食べるという行為に反映されます。

 

食べ物を口に頬張ったり
音を立てながら咀嚼したり…

 

食べ方として良くない食べ方を
している人がいれば

 

「この人、きっと普段から
こうなんだろうな…」

 

と思われてしまいます。

 

言葉遣いと同様に
育ちが悪いとも考えられて
しまうでしょう。

スポンサードリンク

品がない人の心理と特徴3「お金にだらしがない」

 

お金にだらしがないことも
品がないとされる態度の一つです。

 

友人に一時的に借りたお金を
すぐに返さなかったり

 

自分が何にどれくらいお金を
使っているか把握していなかったり

 

自分の経済的な状況を
管理できていないと

 

「この人だらしないな」

 

と思われてしまいます。

 

しかし一方で、品がない人は
自分が得をしそうな状況にあると
積極的に行動することもあり、

 

「がめつくてイヤな人!」

 

とまた悪印象を持たれてしまいます。

 

品がない人の心理と特徴4「身だしなみを整えられていない」

 

人は見た目が全てではありませんが
見た目が左右する印象は
非常に大きいものです。

 

髪がボサボサだったり
服が汚れていたりしたら

 

まずその人に対して
良い印象は持ちませんよね。

 

そして

 

「だらしがないな」
「品がないな」

 

と思ってしまいます。

 

特に、服装はその人を
端的に表すものです。

 

自分の体型に合っていない
サイズの服を着ていたら

 

「この人、自分で満足に
服も買えないの?」

 

とその人の自己管理の
甘さを考えてしまいます。

スポンサードリンク

品がない人の心理と特徴5「整理整頓ができない」

 

自分の身の回りのことが
できていない人は
品がないと思われてしまいます。

 

整理整頓ができているかは
実際に見て分かるものなので
特に気をつけるべきでしょう。

 

例えば、学校や職場で
いつも机の上や引き出しの中に
物が散乱している人がいたら

 

その人に対して良い印象は
受けません。

 

「あれはどこだっけー?」

 

と散らかった机の中を
ガサガサと探しているのを見たら

 

「一度、時間を掛けて
整理すればいいのに!」

 

とこっちがイライラしてしまいます。

 

整理整頓ができないところは
身だしなみに気を配れないこと
と同様に

 

自己管理ができていないという
印象に繋がってしまいます。

 

品がない人の心理と特徴6「人の噂をしたり悪口を言ったりする」

 

「そんなに他の人の評価を
気にしてどうするの?」

 

と思ってしまうくらいに
他者について喋りまくっている
人を見かけたことはありますか?

 

特に、その人のいないところで
その人の噂をしているのを聞くと
あまり良い印象を持ちません。

 

悪口など悪い内容の噂話であれば
尚更ですね。

 

噂話をしてしまうのは

 

・その方が話が盛り上がって楽しい
・自分はこんな情報を持っているのだと自慢したい

 

といった心理が働いている可能性が高いです。

スポンサードリンク

品がない人の心理と特徴7「声が大きい」

 

場所や状況を考えないで
常に大きな声を出していると

 

「この人は周りが
見えていないのかな?」

 

と悪い印象を持たれます。

 

もちろん、人と話す際に
大きな声で話すことが必要に
なる時もあります。

 

しかし、例えば
電車内や映画館など

 

静かにすべきところで
ずっと大きな声で喋っているのも
考え物です。

 

TPOを弁えるべき、
ということですね。

 

品がない人の7つの心理と特徴まとめ

 

  1. 品がない人の心理と特徴1「言葉遣いが悪い」
  2. 品がない人の心理と特徴2「食べ方が汚い」
  3. 品がない人の心理と特徴3「お金にだらしがない」
  4. 品がない人の心理と特徴4「身だしなみを整えられていない」
  5. 品がない人の心理と特徴5「整理整頓ができない」
  6. 品がない人の心理と特徴6「人の噂をしたり悪口を言ったりする」
  7. 品がない人の心理と特徴7「声が大きい」

 

いかがでしたか?

 

少し考えるだけでも
品が悪いと思われそうな行動は
様々なものがありましたね。

 

私たちは生きる上で
他者との接触を避けることは
できませんから

 

できる限り他者に良い印象を
持ってもらえるように

 

お互いがマナーを守って
気持ちよく生活したいものですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。