思い込みが激しい人の5つの心理や特徴と対処法

人は悪い悪いイメージが先行して
しまう傾向がありますので、
思い込みが激しい人というのは
よく悪い意味で捉えられます。

 

ただしかし思い込みは考え方であって
時にはそれがとてつもない成功を
生み出してくれることもあります。

 

今回は、思い込みが激しい人の5つの
心理や特徴とその対処法について
みていきたいと思います。

スポンサードリンク

思い込みが激しい人の心理や特徴

思い込みが激しい人の心理や特徴1「感情的になることが多い」

 

思い込みが激しい人の特徴として
日々の生活の中で感情的になる
場面が多いです。

 

ほとんどの出来事に対してその場の
感情で判断してしまいがちですので
どうしても冷静に事実を見ると
いうことができにくくなります。

 

人は感情的になればなるほど
冷静に事実をみて判断すること
をしようとしない為、

 

今キャッチした情報や今までの
思い込み情報から更なる思い込み
を発動していきます。

 

人の話を聞く場合は本気で一生懸命
耳を傾けるのですが、その一生懸命
の部分がとても感情を高めています。

 

そして事実はそれは非常に良いことで
あっても勝手にマイナスに捉えたり
しますので本来うまくいくことでも
その負のイメージが先行しうまくいかない
ことも多々あるというのが特徴です。

 

基本的に理性と感情がぶつかった時
基本は感情が勝ちます。

 

ただ思い込みが激しい人は感情が圧勝
している状態が継続しやすいと言えます。

スポンサードリンク

思い込みが激しい人の心理や特徴1の対処法

 

感情で動いていると損をすると
いうことを認識することです。

 

そして大きく深呼吸し、普段から
感情的にならないように努めます。

 

そして何か出来事があった時は、

 

「ちょっと待てよ・・もし自分ではなく
あの人だったらどういう判断をするかな」

 

と冷静に自分事だけで終わらせないような
思考を意識していくことを癖付けていきましょう。

 

思い込みが激しい人の心理や特徴2「自分の認めた人の意見しか信じにくい」

 

おもに著名人など有名で一般的に
その分野でプロフェッショナルと
言われる権威ある人が発言すること
しか信じない傾向があります。

 

これは思い込みが激しくない人でも
あり得ることではありますが、
思い込みが激しい人は人一倍
その傾向にあるということです。

 

つまり信じる心が強いということです。

 

一般人でその分野で詳しい人の意見より
その人よりも少し劣る有名人、著名人の
言葉を信じます。

 

この傾向はやはり、この人が言うなら
絶対に間違いないという思い込みが
人一倍強いことが原因となります。

スポンサードリンク

思い込みが激しい人の心理や特徴2の対処法

 

まずその分野において権威がある人が
言うことも間違いないので信じても
問題ないですし、むしろその人のことを
信じるべきだと思います。

 

しかしそこで同じ分野でその人と同じ
くらいの権威性がある人の考え方も
聞いてみたり、

 

別分野から見たそのことに対しての意見
にも耳を傾けることがとても重要になります。

 

それによって、色々な人の考え方を聞くこと
ができて、人によって色々な考え方があるの
だなぁという視点も生まれてきます。

 

思い込みが激しい人の心理や特徴3「客観視できなく主観的」

 

思い込みが激しい人は客観的に
物事を捉えることがとても苦手です。

 

常に主観的に物事を捉えています。

 

例えば、思い込みが激しい人が

 

「この豚骨ラーメンは絶対に流行る!
美味しすぎる!ここは本当にすごい!」

 

と言ったとしたら、思い込み激しくない
冷静な人であれば、どのように思いますか?

 

「いやそれは、あなたが美味しいと
思っているだけであって、他の人は
どう思うかわからないよ。」

 

と思うはずです。

 

このように思い込みの激しい人は
主観的にだけ物事を捉えてしまい
判断をしてしまいがちです。

スポンサードリンク

思い込みが激しい人の心理や特徴3の対処法

 

常に自分はこのように感じるけど、
他の人からしたらどのように感じる
のだろう。という思考を意識してください。

 

まず自分が感じたことがすべてでは
ないということを認識しましょう。

 

自分はこう感じてこう思った。

 

でもあの人の立場からみたら
どのように感じるのだろう。

 

このように考える癖をつけます。

 

自分の感想をいう場合には必ず

 

「自分的には・・」

 

という言い方をするようにしましょう。

 

自分が感じたことが全ての正解かの
ように考えるのをやめて常に別の可能性を
考えるようにしていくことが大事です。

スポンサードリンク

思い込みが激しい人の心理や特徴4「柔軟な考え方が欠落している」

 

思い込みが激しい人は考え方が
まっすぐな人が多いです。

 

ただこれは良し悪しがあり、
良い意味としては、

 

「この人に言われたからいけそうな
気がしてただまっすぐに言う
ことを聞いて突っ走った結果、大きな
成功ができました!」

 

みたいな良い意味で勘違いしている
状態ですね。

 

先述した通り、自分が認めた人の
言葉は信じやすいので、とても
いい感じに絡み合うと人生において
大成功する可能性も秘めています。

 

ただ、これは周囲がうまく導いて
いくという有能な人がいて、さらに
うまくかみ合った場合なので少数です。

 

ですから、ほとんどは悪い部分が
作用することが多いです。

 

悪い部分というのはまっすぐ過ぎて
その物事を水平展開できないと
いうことです。

 

もう少し簡単に言えば、別のことに
応用ができないということなので
視野が狭いと言えます。

 

まっすぐで感情的に動いていきますので
どうしても冷静に周りが見えなくなり、
そのことを別のところで応用するという
考えにもなりません。

 

柔軟な考え方というのは今回抽象的な
表現になってしまっていますので
少し例を使って具体的に解説します。

 

思い込みが激しい人に、

 

Microsoftのパワーポイントの使い方を
教えたとしたならば、まっすぐなので
しっかり聞いて操作を学びます。

 

その際に思うことは

 

「なるほど!これはこのように
やればいいのか!
パワーポイントはこのように
操作していくようにしよう!」

 

となります。

 

反対に思い込みが薄く
柔軟な頭の人は、

 

「なるほど。ということはこのやり方は
別のプレゼンソフトでも基本的には
同じ操作なので別でも活かせるな!」

 

このようになります。

 

一つのことを取り入れるとすぐに
水平展開思考になっていますよね。

 

つまり前者は1学べば1の学びですが、
後者は1学べば5にも10にもしていく
ようになるのです。

 

なので思い込みが激しい人は様々な面で
損をしている可能性が高くなります。

スポンサードリンク

思い込みが激しい人の心理や特徴4の対処法

 

何事もまず本質を考えるようにして
いきましょう。

 

表面上のことだけを見るのではなく
そもそも何故これはこのような作用を
するのかという考え方になることが
重要です。

 

自分に情報が新しく入ってきた場合は
常に「なぜ?」ということを意識して
物事の本質を自然に見れる癖を付けて
いきましょう。

 

思い込みが激しい人の心理や特徴5「なんで俺だけ、私だけ」

 

思い込みが激しい人は何か不幸な
ことがあった場合、

 

  • 「何で俺だけ・・」
  • 「何で私だけ・・」

 

と思ってしまいます。

 

そして、自分だけは何をやってもダメ
何だとさらなるマイナスの思い込みが
発生して負のループにハマります。

 

例えば、就活の面接で落ちまくって
しまった場合、周りの人が順調に
内定をもらっているとなると、

 

「何で俺だけ、私だけ・・」

 

と思ってしまいがちです。

 

実はこれを思ってしまうとそこで
何もかも終了で先に進めなくなります。

 

と同時に自分が悪いのではなく
周りの環境のせいにしている考え方
になります。

スポンサードリンク

思い込みが激しい人の心理や特徴5の対処法

 

思考を柔軟にし、周りの環境が
原因ではなく自分が原因でこのような
状況になっていると考えてくようにします。

 

「もしかしたら自分より周りの人は
別に考えて努力していることが
あるかもしれない。」

 

「絶対に内定もらえる人と目に
見えない何か違いがあるはずだ。」

 

「プライドを捨てて面接当日のことや
どういう意識で質問に答えているのか
を細かく聞いてみよう。」

 

 

このように常に何か原因は自分にあると
考えていくようにしていけばきっと
突破口が見えてきて、前進することが
できるようになります。

 

最後に

 

ベンジャミンフランクリンは
言いました。

 

人は現実を見ているのではない。

人は自分のあるがまま現実を見ている。

 

基本的に人間というのは
自分のフィルターを通して
物事を判断しています。

 

これは決して悪いことではなく
誰でもそうですし当たり前のこと
なのです。

 

しかしその中ですべてを判断していると
今の自分から成長することはありません。

 

現在の自分のフィルターで判断している
わけですから自分の枠から出ることが
できないというロジックです。

 

ですから自分のあるがまま現実を見る
のではなく、何かマイナスのことが
あった場合は、まず自分のフィルターを
意図的に外し、現実(事実)を見るように
して思い込みを軽くしていきましょう。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。