引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴

結婚や転勤などが理由で
引っ越しをしたり。

 

心機一転引っ越しをして
新しい環境で頑張りたいという
理由だったり。

 

人生の中で引っ越しなく
一生を終える人は
少ないでしょう。

 

主に生活環境の変化による
引っ越し以外に
引っ越しを何度も繰り返す
人がいます。

 

自主的に引っ越しを
繰り返す人はどのような
心理から引っ越しを繰り返す
のでしょうか。

 

スポンサードリンク

引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴

引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴1「飽きやすい」

 

引っ越しばかりする人の中には
飽きやすい人もいます。

 

住み始めて
半年、1年と過ぎていき
次第に環境にも慣れてくると
今の住まいに飽きてきて
引っ越しを考えるようになります。

 

この場合
部屋の模様替えをしたりして
部屋の雰囲気を変えることで
気持ちを替えようとは考えません。

 

引っ越しばかりする人は
引っ越し自体に
大変さを感ることはありません。

 

そのため荷造りや
引っ越しに関わる手続きを
大変だと思うことより
引っ越しをすること自体を
重視しています。

 

飽き飽きした気持ちを
晴らす手段が引っ越しなので
今の住居に飽きたら
引っ越すことを繰り返します。

 

引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴2「よりよい環境に住みたい」

 

引っ越しばかりする人で
より良い環境に住みたい
という願望から
引っ越しをする人もいます。

 

引っ越し先を選ぶ手間暇は
惜しみません。

 

住まい探しは手抜かりなく
自分の目や足も使って
しっかり調べて
じっくり検討します。

 

このタイプの
引っ越しを繰り返す人は
より良い環境に住めたことに
満足しません。

 

住み始めると
色々とあらが見ええきて
また新しい住まいに
引っ越すことを
考え始めます。

 

そうして終わりのない
より良い環境を求めて
引っ越しを繰り返すことに
なるのです。

スポンサードリンク

引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴3「新たな自分を発見したい」

 

同じ住まいに暮らしていると
生活もマンネリ化していきます。

 

同じ毎日の繰り返しに
次第につまらなく感じてしまい
他にどんな自分があるのか
知りたい欲求にかられる人もいます。

 

新たな自分を発見したいと
思うということは
自分の可能性を切り開きたいと
思うことにも通じます。

 

現状維持で満足しない
向上心が新たな自分の発見に
駆り立てるのです。

 

確かに
環境がかわれば
その環境に順応するために
これまでにない自分を
出していくこともあります。

 

このタイプは
新しい環境で新たな縁ができて
自分の意外な一面を
知ることがあることを
本能的に知っています。

 

そうして
新しい環境に身をおいて
自分を見つめなおそうとします。

 

引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴4「息詰まるとリセットしたくなる」

 

引っ越しばかりする人で
息詰まるとリセットしたくなる
人がいます。

 

誰も知らない人たちの中に
身をおいて
1から関係を築いていくことを
これまでの生き方や人間関係を
リセットすることに置き換えて
考えるのです。

 

同じ毎日の繰り返しに
息が詰まりそうになって
仕事も住まいもリセットする場合も
あるでしょう。

 

そんな時
このタイプの人は
引っ越しをすることで
人生をリセットしようと
考えます。

 

そうしてリセットしてみた結果
人生が軌道に乗ったり幸せになると
また息詰まればリセットのために
引っ越しを繰り返すようになります。

スポンサードリンク

引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴5「現状から逃げるために」

 

引っ越しを繰り返す人の中には
嫌な現状から逃げるために
引っ越しを繰り返す人がいます。

 

こういったネガティブな
引っ越しを繰り返しても
状況が良くならないことのほうが
多いようです。

 

問題が起こるときには
その理由があって
問題として表面化している場合が
ほとんどです。

 

生きていれば
壁にぶち当たったり
問題に悩むことも
しばしばあります。

 

その時に向き合うのと
逃げるのでは
その後の人生が
大きく変わっていきます。

 

逃げた場合には
さらに大きな問題となって
立ちふさがることが多いのです。

 

問題が起きたたら
逃げたくなりますが
そこはぐっとこらえて
向かい合うことを
おすすめします。

 

問題と向き合うことで
原因がなんだったのか
自分で考えて解決していくことが
その後の人生を
より豊かに生きることに
つながります。

 

逃げずに向き合うことから
人生が切り開ける場合も
たくさんあるのです。

 

引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴まとめ

 

引っ越しばかりする人の5つの
心理パターンと特徴まとめると

 

  1. 引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴1「飽きやすい」
  2. 引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴2「よりよい環境に住みたい」
  3. 引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴3「新たな自分を発見したい」
  4. 引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴4「息詰まるとリセットしたくなる」
  5. 引っ越しばかりする人の5つの心理パターンと特徴5「現状から逃げるために」

 

という特徴が挙げられます。

 

引っ越す理由やその心理は
様々ですが
引っ越しばかりする人のには
性格的な特徴があります。

 

それは柔軟性が高いことや
社交的で外交的で
自立心の強いことがあげられます。

 

引っ越しは
新しい住まいの賃料や敷金礼金
引っ越し代金など
大きなお金がかかります。

 

1、2年年ごとなど
あまりにも引っ越しを
繰り返している人は
部屋の模様替えをしてみたり
旅行にいくことも一つの方法です。

 

引っ越し以外に
自分の気持ちを切り替えたり
リセットする趣味や習慣を
持ってみてもよいかもしれません。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。