お金を返さない人の5つの心理パターンと特徴【お金の貸し借り】

「この前貸した〇〇円まだ返して
もらってないみたいなんだけど…..」

 

「あっ!今持ってないから今度でもいい?」

 

こんな会話をしたこと、
耳にしたことはありますか。

 

場合によっては何年も前に貸した
お金が返ってきていないということも。

 

今回はお金を返さない人がどんな
心理状態なのか、まとめてみました。

 

もしかすると今お金を貸している人は
返してもらうきっかけを見つけること
ができるかもしれませんね。

スポンサードリンク

お金を返さない人の5つの心理パターンと特徴

お金を返さない人の心理パターンと特徴1「返さなくてもどうにかなる」

 

お金を貸したことのある人なら
一度は出会ったことがあるかも
しれません。

 

いつもなにかと理由をつけて
お金を返さない人に…

 

その理由をいくつか挙げて
みましょう。

 

忙しい
お金を持ち合わせていない
体調が悪い
などなど….

 

場合によっては本当にその理由で
お金をすぐに返せないのかもしれません。

 

しかし嘘をついているということも
考えられます。

 

本当か嘘かはその人の日頃の行動から
分かることでしょう。

 

どちらにせよこのように理由をつけて
お金を返すときを先延ばしにする人は
もしかすると次のような心理状態に
あるのかもしれません。

 

「返さなくてもどうにかなるんじゃないだろうか」

 

もしこのような心理状態を察したなら
頻繁にお金を返すよう伝えるのも1つ
の方法かもしれませんね。

 

お金を返さない人の心理パターンと特徴2「単純に忘れていた」

 

「返さなくてもどうにかなる」
と思っている人が言い訳をする
ときに使うかもしれない言葉に、
「ごめん!忘れてた!」
というワードがあります。

 

「返さなくてもどうにかなる」
と思っている人が使うときには、
悪意のあるものになってしまい
ます。

 

しかし、その理由が本当だった場合は
貸した側も「じゃあ今度でいいよ」と
許してあげる気持ちになることでしょう。

 

それが続けば少し話が変わってきますが…

 

忘れるというのはお金の貸し借りに
限らず誰にでもありえることです。

 

特殊な能力を持っていない限り
忘却というものは人生において
何回も経験するもの。

 

もしお金を貸した相手が忘れた
ことを悔やんでいたり申し訳なく
思っている様子ならとりあえずは
許してあげましょう。

スポンサードリンク

お金を返さない人の心理パターンと特徴3「言われるまで黙っている」

 

お金を貸している人の中には
「相手が返すと言ってくるまで
そっとしておこう」と考えて
いる人もいることでしょう。

 

金額が小さければなおさらです。

 

「○○円ぐらいの金額でしつこく
言うのもなぁ」とほっておく
こともあるかもしれませんね。

 

器の小さい人だと思われたく
なくてそうする人もいます。

 

しかし貸したものを返さない
のは良くないことです。

 

お金を借りた人の中には
「相手が言ってきたら返そう」
と考えて黙っている人もいます。

 

もしこちらがずっと忘れている
なら貸したお金が返ってこないのです。

 

そうならないためにもお金を貸した
ことを思い出したならすぐに連絡して
みるようにするのが賢明でしょう。

 

お金を返さない人の心理パターンと特徴4「会わなければ大丈夫だと思っている」

 

たまにしか出会うことのない人に
お金を貸した経験はありますか。

 

後になって「そういえば次会うのは
いつになるだろう」と不安になることも。

 

そして連絡を入れるとすぐには会え
そうもない。

 

自分自身にとって大したことのない
金額ならば、「もういいか」という
考えになるかもしれません。

 

このようなときにお金を借りた人は
「会わなければお金を返さなくても
大丈夫なんじゃないか」という
心理状態にあることが考えられます。

 

あまり会わない人にお金を貸して
くれるように頼まれたときには
よく考えてから返事を。

スポンサードリンク

お金を返さない人の心理パターンと特徴5「お金がない」

 

「お金がないから今は返せない」

 

こういう返事が返ってきたときには
本当にお金がない可能性も。

 

このときにあまりしつこくお金を返す
ように伝えると相手は怒ったような
反応をするかもしれません。

 

返そうと思っていた心を傷つけて
しまうことも…

 

お金がにないときはイライラする
ような心理状態に陥ることがある
からです。

 

喧嘩を避けるためにも少し時間を
置いてから連絡してみるのがいいかも。

 

お金を返さない人の心理パターンと特徴まとめ

 

ではお金を返さない人の心理パターンと
特徴をまとめてみましょう。

 

  1. お金を返さない人の心理パターンと特徴「返さなくてもどうにかなる」
  2. お金を返さない人の心理パターンと特徴「単純に忘れている」
  3. お金を返さない人の心理パターンと特徴「言われるまで黙っている」
  4. お金を返さない人の心理パターンと特徴「会わなければ大丈夫と思っている」
  5. お金を返さない人の心理パターンと特徴「お金がない」

 

お金を貸す相手が全てこのように考えて
いるわけではありません。

 

きちんとすぐにお金を返してくれる人も
たくさんいます。

 

しかしお金を貸すときには
少し時間を取って考えてみる
のが良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。