ケチな人の5つの心理パターンと特徴

よくケチは節約とは
違うといわれます。

 

ケチとは金銭や品物を
惜しがって出さないことを
あらわします。

 

節約は無駄を省いて
切り詰めることとあります。

 

節約の場合
目的のために無駄を省くという
ポジティブな印象がありますが
ケチというと

 

一般的には出し惜しみすることに
焦点を当てられて
ネガティブな印象があります。

 

ケチな人と呼ばれてしまう人には
どういった心理的特徴が
あるのでしょうか?

スポンサードリンク

ケチな人の5つの心理パターンと特徴

ケチな人の5つの心理パターンと特徴1「自分のためにお金を使う」

 

ケチは人の多くは
自分のために使うお金は
出し惜しみしないという
特徴があります。

 

そのお金の使い方は
自分を成長させるための
投資というよりは
自己満足のために
使われる場合が多いのです。

 

自分の欲求を満たすために
使われたお金で
心が満たされることは
ないでしょう。

 

それでもいつまでも
満たされることを信じて
自分の満足のために
お金を使います。

 

人は誰かに感謝されたり
誰かの役に立つことに
喜びを感じて満たされることが
多いようです。

 

自分のために使うお金を
少しだけ他の人のために
使ってみませんか。

 

心が満たされて
豊かに生きるきっかけに
なるかもしれません。

 

ケチな人の5つの心理パターンと特徴2「他人のためにお金を使わない」

 

ケチな人は
他人のために
お金を使わない人が
多いようです。

 

他人に喜ばれるために
お金を使うことをしません。

 

他人と喜びを分かち合うことを
幸せと感じたことが
ないからなのかもしれません。

 

他人のためにお金をつかうほうが
自分のためにお金を使う何倍も
喜びや自己満足は
大きくなることを
多くの人は知っています。

 

もしこの気持ちを
感じたことがない人は
ぜひ一度体験してみましょう。

 

感じたことのない喜びを
感じられるでしょう。

スポンサードリンク

ケチな人の5つの心理パターンと特徴3「目先の利益を優先する」

 

ケチな人は
目先の利益を
優先してしまいます。

 

たとえば
自分の自己満足など
今の自分の気持ちを満たすために
お金を使うことはあっても

 

長い目で見て
生きたお金の使い方は
できません。

 

人は皆自分の寿命は
どれくらいあるのか
わからないまま生きています。

 

長い目で見て
周りの役に立つなど
長い目でものごとをみて
お金を使うことも大切です。

 

ケチな人は
目先の利益にお金を使いますが
それは気持ちをまぎらわせるためで
満たされていない場合が
多い特徴があります。

 

ケチな人の5つの心理パターンと特徴4「お金に対して不安がある」

 

ケチな人の中には
お金に対する不安や
トラウマがあり
それが原因で
ケチになってしまう人がいます。

 

たとえば
お金でとても苦労した
経験があったり。

 

親から
お金を大切にしなさいと
口癖のように言われ続けたことが
抜けなかったり。

 

もちろんお金は
生きていくために大切ですが
お金がすべてではありません。

 

お金至上主義になってしまうと
人間関係が壊れて
孤独になってしまうことも
ありえます。

 

お金があっても
人との関わりなしには
人は生きられません。

 

お金と同じように
周りの人にも
気を配りましょう。

 

そうすることで
お金に対する不安も
少しずつ薄れていくでしょう。

スポンサードリンク

ケチな人の5つの心理パターンと特徴5「損得勘定で考える」

 

ケチな人は
ものごとを損得勘定で
考えてしまうことがあります。

 

ものごとには損得を超えた
持ちつ持たれつで
成り立っている場合が
多くあります。

 

ものごとの価値は
お金でははかれません。

 

損する得するという
価値観をはなれて
他人が喜ぶ喜ばないという
価値観でものごとを
見てみましょう。

 

人は自分のために努力できることには
限界がありますが
他人のために努力することで
無限に可能性や力を
引き出せるようになっています。

 

損得勘定をはなれたところに
本当の価値があるのかもしれませんね。

 

ケチな人の5つの心理パターンと特徴まとめ

 

ケチな人の5つの心理パターンと特徴まとめると

 

  1. ケチな人の5つの心理パターンと特徴1「自分のためにお金を使う」
  2. ケチな人の5つの心理パターンと特徴2「他人のためにお金を使わない」
  3. ケチな人の5つの心理パターンと特徴3「目先の利益を優先する」
  4. ケチな人の5つの心理パターンと特徴4「お金に対して不安がある」
  5. ケチな人の5つの心理パターンと特徴5「損得勘定で考える」

 

という心理的特徴が挙げられます。

 

お金を使うことをケチると
人間関係や信頼関係に
ひびが入ることがあります。

 

お金は天下の周りものといって
お金は一か所にとどまるものではなく
常に人から人へ巡っていくものです。

 

お金を人に喜ばれることに使うと
巡ってきたお金は喜びとともに
やってきます。

 

周りの人が喜ぶことに
お金を使うことは
自分のストレスを減らし
周りの人との関係も
円満になるコツです。

 

ケチな人と思われないために
ケチに心当たりのある人は
お金の使い方を
自分のためだけでなく

 

他人のために使うことへ
価値観をスライドして
いってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。