結婚式をやりたくないという女の5つの心理や特徴

昨今では、結婚をせずに
独りで暮らしていきたいと
考える若者が増えていますが

 

それと同じように
結婚をしても結婚式は
やりたくない、という考え
の方が増えています。

 

一昔前は、結婚をしたら
挙式なり披露宴なりするのが
普通であったかもしれませんが

 

どうやら最近は結婚観が
変容してきているようです。

 

ウェディングドレスを着て
華やかな姿で式の主役となれる
女性であっても

 

結婚式が必須でないと考える
方が出てきています。

 

人生の一大イベントである
はずの結婚式。

 

そんな行事をやりたくないと
思っている女性に

 

共通する心理や特徴というのは
あるのでしょうか?

 

彼女たちはどんな思いで
「挙式をしない」という
意思選択をしているのでしょうか?

 

とても気になるところですね。

 

そこで今回は、そんな
結婚式をやりたくないという
女性の心理や特徴について
迫ってみたいと思います。

結婚式をやりたくないという女の5つの心理や特徴

結婚式をやりたくないという女の心理や特徴1「多額の費用が掛かるため挙式したくないと思っている」

 

結婚式を望まない女性の多くが
その費用が高額であるという

 

金銭的な問題を重く
考えているようです。

 

結婚式を挙げるためには
実際にどの程度の
お金が掛かるのでしょうか?

 

もちろん、人それぞれでは
ありますが

 

大体、150万~300万程の幅で
多くの結婚式が行われて
いるようです。

 

最低でも、100万円以上は
掛かってしまうのですね。

 

なお、これは式と披露宴を
含めた額なので

 

挙式だけするという場合は
20~40万円くらいで済むようです。

 

(くらいで、と言っても
数十万円というお金も
高額でありますが…。)

 

結婚をした後、夫婦で
新しい家に住むのなら

 

その引っ越し代や
当面の生活費など

 

将来のために色々と
お金は貯蓄したいもの。

 

結婚式の費用に今持っている
お金を充てるなら

 

そのお金を別のところに
回したいという意見ですね。

 

結婚式をやりたくないという女の心理や特徴2「挙式までの打ち合わせや用意の大変さが苦労に見合うものだと考えていない」

 

式や披露宴を行うためには
多くの時間を掛けて
準備をする必要があります。

 

挙式のための会場
招待する人数
招待状の作成
衣装やヘアメイク

 

写真や動画
料理や飲み物
当日のプログラム
引き出物

 

などなど
ざっと挙げただけでも

 

これらを決めるのは
相当大変そうだという
ことは感じられるかと
思います。

 

加えて、結婚式は
自分のみのためではなく
自分のパートナーのため

 

延いては自分の両親と
相手の両親とも

 

深く関連しているものです
のでかなり気を遣います。

 

自分のパートナーであっても
自分と同じような結婚式の
段取りを考えているとは
限りませんし

 

こだわりたいところが
ぶつかってしまうと

 

妥協点を探していかなければ
なりません。

 

「そうしたやり取りが嫌なので
だったら最初からしたくない」

 

という考えの方も
多いようですね。

結婚式をやりたくないという女の心理や特徴3「人前に出ることが恥ずかしかったり、注目されることが苦痛に感じたりする」

 

結婚式は、もちろん
結婚する二人が主役です。

 

当然、招待されて
参加している人々は

 

その二人を祝福するためにも
必然的に夫婦に注目することに
なります。

 

「人から注目を浴びたい!」
という方は、そういった状況を
楽しめるでしょうが

 

そうでない方にとっては
それは苦痛以外の何物でも
ありません。

 

膨大な金銭や時間を費やして
自分の望まない状況に
立たされてしまうなんて
考えたくもありませんね。

 

「他者に自分を見てほしいかどうか」
というのは、嗜好や性格によるもので

 

見てほしくても、そうでなくても
どちらを望んでも

 

それがおかしいということは
もちろんありません。

 

結婚式をやりたくない女性は
ただ人から注目されることが
苦手だったというだけなのです。

 

結婚式をやりたくないという女の心理や特徴4「結婚式に誰を呼ぶか・呼んだかで揉めたくない」

 

結婚式では、主催者が望めば
親戚や友人、会社の人など
色んな人を呼ぶことができます。

 

しかし、ここで悩むことは
誰を呼ぶかということで

 

呼ぶ人と呼ばない人の
線引きを考えることに
注意を払わなければなりません。

 

特に、結婚式に呼ばれなかった
ことで気を悪くする方が
周囲にいらっしゃった場合

 

自分が結婚式を挙げたことで
その人と軋轢が生まれることも
あるのです。

 

現代では
TwitterやFacebookといった
SNSを利用されている方が多いので

 

誰々が結婚式を挙げたという情報も
すぐ周囲の人々に伝わります。

 

「結婚式はただでさえ
準備が大変なのに

 

それが終わった後に
問題が起きてほしくない」

 

という理由から、結婚式を
望まない方がいるようです。

結婚式をやりたくないという女の心理や特徴5「そもそもそういった儀式や式典などの慣習に意義を見出せない」

 

結婚式というのは儀式です。

 

結婚をするために一般的に
行われていることでは
ありますが

 

結婚式をしなければ
生きられないというわけでも
ありません。

 

実際に、結婚式をしていない
ご夫婦もいらっしゃいます。

 

儀式は、思想の上に
成り立っています。

 

結婚式を挙げたい人は

 

今まで育ててくれた両親に
感謝の気持ちを示したり

 

自分のパートナーと
これから人生を共にするのだ
と決心をしたり

 

儀式の中の行為に何かしらの
意味があると思っています。

 

しかし、反対に結婚式に
否定的な方は

 

何も結婚式をしなくても
他の方法で

 

自分の気持ちを伝えたり
考えを固めたりすること
はできるのでは…
と考えているようです。

 

結婚式を望まない方々にとって
得るものに対して

 

結婚式はコストが掛かりすぎると
感じられているのです。

 

結婚式をやりたくないという女の5つの心理や特徴まとめ

  • 結婚式をやりたくないという女の心理や特徴1「多額の費用が掛かるため挙式したくないと思っている」
  • 結婚式をやりたくないという女の心理や特徴2「挙式までの打ち合わせや用意の大変さが苦労に見合うものだと考えていない」
  • 結婚式をやりたくないという女の心理や特徴3「人前に出ることが恥ずかしかったり、注目されることが苦痛に感じたりする」
  • 結婚式をやりたくないという女の心理や特徴4「結婚式に誰を呼ぶか・呼んだかで揉めたくない」
  • 結婚式をやりたくないという女の心理や特徴5「そもそもそういった儀式や式典などの慣習に意義を見出せない」

 

いかがでしたか?

 

結婚式に対する価値観は
人それぞれで

 

どれが正解で不正解か
ということはありません。

 

しかし一方で、自分の価値観と
異なる方の考えは受け入れがたい
ものです。

 

結婚式を挙げたいと考えている方に
結婚式を挙げたくないと思っている方の
思惑が少しでも伝えられ

 

自分と違う価値観の方のことを
考えるお手伝いができていたら幸いです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。