嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の5つの心理や特徴

皆さんは、嫉妬
したことがあるでしょうか?

 

よく、嫉妬と言うと
恋愛における場面のこと
を考えやすいですが

 

ここでは、恋愛以外での
日常的な場面のことを
思い浮かべてみてください。

 

また、嫉妬された経験も
おありでしょうか?

 

自分としては周囲の人と
普通に接しているはずなのに

 

なんだか急に特定の人からの
自分に対する態度が悪くなっている…。

 

よく嫉妬されてしまう方は

 

「自分としては心当たりが
ないだけに、どうしたら
よいか分からない!」

 

と困ってしまう方が多いようです。

 

なぜこのような事態になって
しまうのでしょうか?

 

なにか原因があるのでしょうか?

 

そこで今回は、嫉妬されやすい人の
心理や特徴について迫ってみて
その原因に当たりそうな行動を
追ってみたいと思います。

嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の5つの心理や特徴

嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴1「人よりも優れているものを持っていて、目立つ」

 

まず、当然ですが
人よりも目立つものがあると
周囲の人の注目を浴びること
となります。

 

注意が引き付けられるので
自分の一挙一動をじっくり
見られやすいのです。

 

とても美人であったり
スタイルが抜群に良いなど

 

身体的な特徴は
特に目に見える分
非常に目立つことになります。

 

「出る杭は打たれる」と
よく言いますが

 

やはり目立つ人は
特に悪いことをしていなくとも

 

少なからず難癖をつけられて
非難を浴びせられてしまう
傾向があります。

 

自分よりも優れている人に対し
嫉妬などの複雑な感情を抱くのは
人間として普通のことなので

 

ある意味、多少なりとも
バッシングを受けることは
避けられないのです

 

(嫉妬しているからといって
危害を加えることはもちろん
いけませんが…)。

嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴2「相手のコンプレックスを刺激してしまっている」

 

嫉妬されやすい方は
他者から見て
「良いと思える」ものを
持っているために嫉妬されます。

 

それは、本人としては
なんとも思っていない部分
であるかもしれません。

 

むしろ、嫌いな部分である
可能性もあります。

 

また、自分の良さに
気付いていない場合も
あるかもしれませんね。

 

しかし、自分の
そうした思いとは別に

 

他の人から見て
羨ましいと思える部分が
あるのならば

 

その人が妬ましく思われる
可能性はゼロではないでしょう。

 

嫉妬されてしまう
一つの状況としては

 

自分の
「他者に良いなぁと
思われる部分」が

 

「他者が自分に関して
嫌だなぁと思っている部分」
を刺激してしまっている時です。

 

相手の劣等感やコンプレックスを
つついてしまっているのですね。

嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴3「褒められた時、謙遜しすぎる」

 

自分のことを褒められた時

 

「いやいや、
そんなことはないです!
自分なんか……」

 

とあまりに謙遜しすぎると
褒めた側としては気持ちが
良くないと思われてしまう
場合があります。

 

「せっかく褒めたのに
そんなに否定して
何になるんだろう」

 

「謙虚になればいいと
思ってるの?
自慢したいんでしょ」

 

と悪意を持たれてしまうことも
あるかもしれません。

 

こうならないためには
まずは、褒めてもらえたことに
感謝を伝えると

 

褒めた側の印象も良いと
感じられることでしょう。

 

褒められたことを素直に認めたり
また褒めてくれた人の長所を
見つけられていたならば
それを伝えたりすると良いですね。

 

嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴4「自分でも無意識に自慢してしまっている」

 

嫉妬されやすい方は
自分でも無意識に
自慢している場合があります。

 

「彼女と別れたんだ。

 

俺のこと気に入ってくれてる
女の子がいるみたいなんだけど

 

でもやっぱり俺は彼女が
好きなんだよねえ」

 

「街歩いてるとめっちゃ
ナンパされて困ってるんだ~。

 

私なんか童顔でちっちゃいから
子どもっぽいって言われるのに
なんでだろう?」

 

など

 

「自虐風自慢」と言われるものは
周囲の反感を買いやすいです。

 

自虐風自慢とは
愚痴や不満を言う中に

 

他人から見て羨ましいと
思える部分があるものを指します。

 

これらの例はとても露骨ですが

 

嫉妬されやすい方は
ここまであからさまでなくとも

 

多少なりともそうした意味合いを
含んでしまっている話し方を
してしまっている可能性があります。

嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴5「接する相手の立場や気持ちを深く考えることが苦手」

 

嫉妬されやすい方は
相手への配慮が少し
苦手である可能性もあります。

 

例えば
友人と会話をしているとして

 

「この間、仕事で失敗して
ちょっと怒られちゃったんだ…」

 

と友人が落ち込んでいることを
話していた後に

 

『私、この前仕事で活躍して
褒められちゃった!』

 

と口にした場合、友人は
どう思うでしょうか。

 

もちろんどう思うかは
人に依りますが

 

「すごいなぁ」と感じつつも

 

「私が少し仕事のことで
へこんでいるのに

 

仕事ができたことをわざわざ
伝えてくるなんて
ちょっとデリカシーがないな…」

 

と思われてしまうこともあるでしょう。

 

他者とコミュニケーションを取る時は
相手が今どういった心境で
どういう立場に立たされているか
考える必要があります。

 

嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の5つの心理や特徴まとめ

 

  1. 嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴1「人よりも優れているものを持っていて、目立つ」
  2. 嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴2「相手のコンプレックスを刺激してしまっている」
  3. 嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴3「褒められた時、謙遜しすぎる」
  4. 嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴4「自分でも無意識に自慢してしまっている」
  5. 嫉妬されやすい人(妬まれやすい人)の心理や特徴5「接する相手の立場や気持ちを深く考えることが苦手」

 

いかがでしたか?

 

嫉妬をされると
なかなか厄介なことに
繋がっていく可能性が
あるのが困りもの。

 

しかし、どれだけ本人が
気を付けていても

 

どうしても少数の人から
嫉妬されるということは
避けることができません。

 

多少嫉妬されても
「自分は自分だ」と
あまり気にしないでいることも
大切であるかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。