理路整然とした人の5つの心理や特徴

人に話をするときや何か
を説明するときなど、自分
が喋っていて話の方向性を
失ってしまう事ってありま
せんでしょうか?

 

このような状況に陥って
しまう人に対して、話の
道筋が明確で、わかりやすい
展開をしながら人にものを
伝えることの出来る、

 

いわゆる理路整然とした
っていますよね。

 

この理路整然とした話し方
というのは、身につけている
と社会でとても役に立つ能力
だと言えます。

 

では、この理路整然とした人
には一体どのような心理や
特徴があるのでしょうか?

 

今回は「理路整然とした人
の5つの心理や特徴」を
ご紹介します!

スポンサードリンク

理路整然とした人の心理や特徴①話の内容に親近感を持たせる

理路整然とした人には、
その話し方に見られる特徴が
多くあります。

 

その特徴のひとつとして
挙げられるのは、話の内容
に親近感を持たせるという
ことです。

 

理路整然とした人は、
聞き手に自分の伝えたい
ことをスムーズに、わかり
やすく話すことができる
のですが、

 

そうするにはそもそも
相手に話を聞いてもらう
姿勢を持ってもらわなけれ
ばいけません。

 

 

理路整然とした人は、
そういった姿勢を相手に
持ってもらうために難しい
言葉や専門用語など、

 

一般には理解しにくい
ような言葉は話の中に
盛り込みません。

 

誰が聞いてもわかるよう
に、伝わりやすい表現で
話を進めていくという
特徴があるのですね。

 

このことから聞き手も
話の内容がイメージしやすく
なり、内容がしっかりと
伝わることから話に親近感を
持てるので、聞き入れる
姿勢になってくれやすいの
です。

 

理路整然とした人の心理や特徴②話に起承転結がある

 

理路整然とした人の
話し方によく注目してみる
と、話の一連の中にしっかり
と起承転結が盛り込まれて
いる場合が多いのです。

 

起承転結というのは物語
などによく用いられる手法で、
ストーリーの中の始まりと
終わり、更にその間の展開
などがしっかりと組み立て
られているような状態を
起承転結があると言いま
すが、

 

理路整然とした人もこの
起承転結をしっかりと応用
しています。

 

特に起承転結の結の部分が
しっかりと明確になっている
ことから、聞き手も話の
目的を理解できます。

 

そして更に話の中に起承転結
で流れをつけて話すことで、
聞き手も聞いていて話に飽きず、
最後までしっかりと話を聞い
てもらうことができるのです。

 

このような能力を身につける
ことで、相手にただ話を聞いて
もらえるというだけではなく、
聞いたあともその話がしっかり
と相手の印象に残るように
なります。

スポンサードリンク

理路整然とした人の心理や特徴③話す長さがちょうど良い

 

理路整然とした人は、
内容や流れを綺麗に構成し、
相手に伝えることができる
という事をここまでご紹介
させて頂きましたが、
それだけではありません。

 

理路整然とした人はこの
ような整った話し方を、
できるだけ手短に話すと
いう特徴もあるのです。

 

もし、いくら話の内容に
起承転結があってわかりや
すい言葉で伝えてくれたと
しても、

 

いつまでもいつまでも長々
話されてしまうと、当然
聞いている側は疲れてしまい
ます。

 

しかし、理路整然とした人
は話の内容を的を絞って話す
ことで、聞き手が話に飽きて
しまう前に話を終えることが
できるのですね。

 

このような後味の良い話し方
をする事で、聞き手に「この人
の話ならまた聞きたい」と
思ってもらえることもできる
のです。

 

理路整然とした人の心理や特徴④話し相手の様子を伺う

 

理路整然とした人は、
このようなスマートな話し方
を実践しながらも、常に
聞き手の状態を気にすると
いう心理も持っています。

 

話に飽きてしまっていない
か、ちゃんと話について
来れているかなど、聞き手
の顔色を気にしながら話す
ことで、

 

相手が置いてけぼりに
ならないように気を使って
いるのです。

 

このような、周りの状況を
理解し、把握しようとする
心理や能力が、理路整然とした
人にはある場合が多いのですね。

 

そしてこのときの相手の
状況や顔色をみて、自分の
行動や発言をどのように
するべきなのかを判断し、
実行します。

スポンサードリンク

理路整然とした人の心理や特徴⑤気持ちが冷静

 

ここまでご紹介したように、
理路整然とした人は話の
内容をしっかりと構成しな
がらも聞き手の状態を伺う
ことも忘れず、臨機応変に
対応する能力があるのです
が、

 

なぜそんな事が出来るの
でしょうか?

 

理路整然とした人がこの
ような対応が出来るのは、
常に冷静を保っているという
心理的特徴があるから
なのです。

 

気持ちが冷静な状態だと、
様々なことに気づくことが
でき、臨機応変な対応も
可能になってきます。

 

それに加え、気持ちが冷静
だと話をしていても相手に
圧を与えません。

 

ですので、聞き手にも
リラックスした状態で話を
聞いてもらえます。

 

また、話している最中に
感情的にもなりにくいです
から、話の方向性がブレ
たり、話の情報量が増えす
ぎてしまうといった状況も
避けることができるのですね。

 

理路整然とした人の心理や特徴まとめ

 

  • 理路整然とした人の心理や特徴①話の内容に親近感を持たせる
  • 理路整然とした人の心理や特徴②話に起承転結がある
  • 理路整然とした人の心理や特徴③話す長さがちょうど良い
  • 理路整然とした人の心理や特徴④話し相手の様子を伺う
  • 理路整然とした人の心理や特徴⑤気持ちが冷静

いかがでしたでしょうか?

 

理路整然とした人が
スムーズに自分の伝えたい
ことを伝えられるのには、
このような心理や特徴が
あるようです。

 

理路整然とした話し方
というのは、特にビジネス
の場では重宝する能力に
なります。

 

みなさんも、この理路整然
とした人から話し方や話す
態度を学び、自分のビジネス
などに生かしてみてはいかが
でしょうか?

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。