自分の話ばかりする人の5つの心理パターンと特徴

話をしているといつも自分のことしか話を
しない人がいます。

 

過去の栄光ばかり話す人もいることでしょう。

 

きっと学校や職場などにも自分の話ばかり
する人がいることでしょう。

 

その話がとてもおもしろいものであったり
役に立つものであれば聞いている側も楽しく
相手の話を聞くことができます。

 

しかし多くの場合はそうではないというのが
辛いところ…

 

ではなぜ自分の話ばかりしてしまうのでしょうか。

 

今回は自分の話ばかりする人の心理パターンと
特徴について考えていきましょう。

スポンサードリンク

自分の話ばかりする人の5つの心理パターンと特徴

自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴1「自分はすごいと思っている」

 

冒頭でも述べたように過去の栄光ばかり話す
人がいます。

 

なにかの大会に出た話や受賞した話または
やんちゃだったなどなど…

 

とにかく自分はすごかったということを
アピールしてきます。

 

初めのうちは聞いている側も楽しく聞く
ができるかもしれません。

 

相手のことを知ることができるからです。

 

しかし場合によっては同じ話を繰り返し
てくる人もいます。

 

同じ話を何度も聞くのはしんどいですよね。

 

次にどんな内容を話すのか読めてしま
います。

 

自分の話ばかりする人は今までやってきた
自分の功績がすごいと思っているためその
ことばかり話してしまうのです。

 

自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴2「自分は悪くないような言い方をよくする」

 

自分の話ばかりする人の話を聞いていると
たまに「ん?」と思うような言葉を耳に
することがあります。

 

自分の話の中で自分は悪者ではないような
言い方をするのです。

 

自分は悪くないということを説明してくる
のです。

 

本当に悪くない場合ならこちらも「そうだ
ね」と言いながら返事をすることができます。

 

しかし心の中で「それは君が悪い」と思う
ような内容のときには黙って相槌を打つし
かありません。

 

相槌を打ち続けるのも辛いものです。

 

そして自分は悪くないような言い方をする
人の中には自分はすごいということを一緒
に主張してくる人もいます。

 

そうなれば話を聞くのがさらに辛くなって
しまいますね。

スポンサードリンク

自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴3「とても寂しがり」

 

寂しいときに限って誰かに話を聞いてもら
いたいと思ったことはありませんか?

 

自分がどんな思いをしているのかということ
を共有してもらえると気持ちが落ち着き少し
楽になったという経験をされた方もいること
でしょう。

 

寂しい時には話を聞いてもらうことで嫌な
気持ちがスッキリするのです。

 

特に普段は自分の話をあまりしないのに最近
になって自分の話ばかりするようになったと
いう人は寂しい気持ちを抱えているのかも
しれません。

 

昔から自分の話ばかりする人でさえ個人的な
事情で寂しい思いをしてきているせいでその
ように話してしまうのかも。

 

相手についてよく知ることでどんな思いを
抱きながら自分の話ばかりしているのか
知ることができそうですね。

 

自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴4「相手のことを考えていない」

日本では電車の中やバスの中では基本的に
静かにしている人が多いことでしょう。

 

なぜならそれがマナーだと捉えているから
です。

 

電話で大きな声で話したりしている周りから
嫌な目で見られてしまいます。

 

自分の話ばかりする人は相手のことを考え
ずに自分のことばかり話してしまうこと
でしょう。

 

自分の話が終われば立ち去ってしまうことも。

 

話だけ聞かされた方はモヤモヤした気持ちで
家に帰ってしまいます。

 

相手のことを考えているならどのような反応
を示すでしょうか。

 

おそらく自分の話をいいところで切って、
相手に話をさせることでしょう。

 

そのようにしてお互いが話し合えるように
します。

 

もし話をさせてもらえそうになければこちら
から何か仕掛けてみるのも一つの方法ですね。

 

話をやんわり遮ってこちらの話をすることも
できます。

スポンサードリンク

自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴5「褒められたい」

 

おそらく自分の話ばかりする人は自分の良い点
を話すことでしょう。

 

「自分はダメな人間だ」という話ばかりする
人もいますが…

 

それはさておき自分の良い点ばかり話す人は
「褒められたい」という思いから自分の話
ばかりしている可能性があります。

 

そんなつもりはなくても実際に褒められると
誰でも嬉しくなってしまうものです。

 

きっと褒められたいと思っている人は少し
すごいねと伝えただけでも嬉しい表情に
なることでしょう。

 

もしそんな反応が帰ってきたらどんどん
褒めてあげることで楽しい会話になる
かも。

 

自分の話ばかりする人の5つの心理パターンと特徴まとめ

 

  1. 自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴「自分はすごいと思っている」
  2. 自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴「自分は悪くないような言い方をよくする」
  3. 自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴「とても寂しがり」
  4. 自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴「相手のことを考えていない」
  5. 自分の話ばかりする人の心理パターンと特徴「すごいと言われたい」

 

今回考えたように自分の話ばかりする人は
特に悪気があって自分の話ばかりしている
のではなさそうですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。