結婚ができない女の5つの心理的特徴

「結婚したい!」

 

成人してから、どのタイミングで
そう思うかは人それぞれではあり
ますが、多くの人が結婚について
多少なりとも考えるものです。

 

「別に結婚しなくていいや」と考える
人も増えてきてはいますが、一方でや
はり結婚したいと思う人も一定数います。

 

特に女性は、将来子どもを持つのなら、
経済的な面でも、精神的な面でも
パートナーがいたほうが安心できるの
で、結婚したいと思う人が多いでしょう。

 

しかし、結婚したくても、なかなか
できない人もいるのが現実です。

 

彼女たちは、どうして結婚が
できないのでしょうか?
何か明確な原因があるのでしょうか?

 

そこで今回は、結婚できない女性の
心理について、迫っていきたいと思います。

 

スポンサードリンク
 

結婚ができない女の5つの心理的特徴

結婚ができない女の心理的特徴1「自分を客観視できていない」

 

結婚できない女性に大きく
共通するものとして、自分
を客観的に見られていない
点が挙げられます。

 

「三高(さんこう)」という
言葉をご存知でしょうか。

 

これは俗語ですが、
「高身長・高学歴・高収入」
といった、3つの条件が揃った
人のことを指した言葉です。

 

最近は、これに「イケメン」と
いった良い容姿を求める傾向に
ありますね。

 

結婚には華やかなイメージがあります。

 

確かに、生涯寄り添って暮らす人を探
すのですから、そんな相手に理想を夢
見がちなことは確かですし、もちろん
希望を持ってもよいと思います。

 

しかし、その条件を兼ね備えた人が見
つかったとして、今度は逆に、相手が
自分に対してどう思うかを考えること
も必要になってくるでしょう。

 

果たして、自分もそれくらいの
条件に相当している人間なのでしょうか?

 

では、具体的に結婚できない女性は
どのように自分を冷静に見られてい
ないのでしょうか。

 

次の特徴を見てみましょう。

 

スポンサードリンク
 

結婚ができない女の心理的特徴2「相手に何もかもを求めすぎる」

 

婚活サイトでよく見る
条件を挙げましょう。

 

結婚相手に求めるものとして、

 

「身長は175cmで、
旧帝大卒で、
年収は800万くらいで…」

 

と条件が述べられていることが
よくあります。

 

一体、そんな人がどれくらい
周囲にいるのでしょうか?

 

身長という点で考えてみましょう。

 

厚生労働省による2015年度男女の
身長と体重の平均値の調査結果では、
26-29歳の男性は171.7cm、
30-39歳の男性は172cmでした。

 

175cm以上の人は
意外と珍しいんですね。

 

年収という点ではどうでしょうか。

 

同じく厚生労働省による2016年度
の国民生活基礎調査では、
全世帯の平均年収は541.9万でした。

 

更に年齢別に見ると、
29歳以下は365.3万円、
30-39歳は558.9万円です。

 

800万どころか、600万に
さえ届いていません。

 

これは統計的な処理を
施した正式な調査なので、
信憑性は高いソースです。

 

これらの要求が現実的に
とても厳しい要求である
ことが分かりました。

 

つまり、相手のスペックを
求めすぎていることになります。

 

スポンサードリンク
 

結婚ができない女の心理的特徴3「相手のために自分に何ができるか考えていない」

 

当然ですが、結婚は自分
一人のものではありません。
自分と相手がいて、初めて
成立するものです。

 

結婚生活に限らず、人と人との関係
というものは、互いに相手に配慮し
て継続していくものです。

 

相手に良くしてもらったら、今度は
自分が相手に良くするといった、
相互支援の関係が色濃く出てくるも
のが夫婦です。

 

先程、結婚できない女性の心理とし
て、結婚相手にいろいろと求めすぎ
ている点をお話しました。

 

その求めているものを結婚相手から
十分にもらえたとして、女性側が同
じように何かを返せるのか、という
ことです。

 

つまり、自分の利益だけを考えてし
まっていないだろうか、ということですね。

 

「私には若さがあるから、
それで十分に相手に返せる」
と言う女性がいたとしましょう。

 

確かに若さはどうやってもお金で買
えないですし、生物の目的が子孫を
残すことである以上、若くて健康的
な身体というのはとても魅力的です。

 

しかしよく考えてみてください。

 

その女性の若さは永遠ではありません。
時が経つにつれて、その価値は段々と
下がっていきます。

 

反対に、結婚相手の男性は、着実に
キャリアを積んで、年収が上がって
いく可能性が高いです。

 

長い目で見れば、その女性自身の価値と
男性の価値の差が開いていってしまうのです。

 

結婚相手に高い条件を求める際に、
女性側が提示する魅力として、
その若さのみなのでは不十分でしょうね。

 

スポンサードリンク
 

結婚ができない女の心理的特徴4「非常にネガティブで、相手を評価する方法が減点方式」

 

結婚相手を見定めることは
もちろん重要ではあります。

 

しかし、結婚できない女性は
相手への評価方法が減点して
いく方法で、より厳しい目を
向けているのではないでしょうか。

 

例えば、お付き合いをし始めた時は
100点満点の状態からスタートします。

 

「野菜が食べられないから−5点」
「あの時私に道路側を歩かせたから−10点」

 

というように、付き合っていく過程で
相手の気に入らないところを見つけ次第
減点していって、30点以下になったら
見込みなしとして交際をやめます。

 

この方法では、きりがないですよね。

 

相手に向けている厳しい目を、果た
して同じように自分にも向けられて
いるのでしょうか。

 

相手は自分と全く同じ人間
ではないのです。

 

どんなに気が合っても、絶対に
かみ合わない部分が出てきます。
それは、結婚してから初めて
気付くことだってあります。

 

逆に、加点方式であったら、もっと
相手を受け入れられるようになるでしょう。

 

相手に少し気に入らないところ
があっても、今まで付き合って
きた中で+80点くらいのポイン
トがあるから、それは些細なこ
とだなと考えられた方がいいですよね。

 

また、短所は長所にもなり得る
わけです。ちょっと抜けている
ところがあったほうが、人間と
して愛嬌があって可愛らしいも
のです。

 

自分も相手も、完璧な人間である
必要はありません。

 

スポンサードリンク
 

結婚ができない女の心理的特徴5「周囲の人の視線が気になって、実は仕方なく結婚したいと思っている」

 

結婚しない人が増えている
とはいうものの、少なくとも
現時点では、結婚をすること
が普通であるという風潮が強いです。

 

その中で結婚を望まない立場で
生きている女性にとっては、
少し生き辛いでしょう。

 

本人は望んでいなくとも、
両親や周囲の人々はその
女性の結婚を望むかもし
れません。

 

「結婚をしないのは、
本人の人間性に問題が
あるからだ!」

 

なんて心無い言葉を
平気で言う人もいます。

 

確かに少し前の時代では、
「男性は外で働き、女性は家を守る」
といった性別役割分業の意識が強い
ものでした。

 

しかし、現代では女性の社会進出も
目覚ましくなってきて、経済的に自
立されている方も多いです。

 

また、娯楽も発達して、SNSといった
常に人との繋がりを感じられる媒体も
普及しています。
一人でいてもつまらない状況になりに
くくなってきているのですね。

 

それでも、
「結婚をしていない人はおかしい」
だとかの理不尽な世論を気にして、

 

半ば無意識的に「結婚したい」と
考えている、またはそうやって
体面的に発言している女性もいる
可能性があります。

 

スポンサードリンク
 

結婚ができない女の5つの心理的特徴まとめ

 

  1. 結婚ができない女の心理的特徴1「自分を客観視できていない」
  2. 結婚ができない女の心理的特徴2「相手に何もかもを求めすぎる」
  3. 結婚ができない女の心理的特徴3「相手のために自分が何ができるか考えていない」
  4. 結婚ができない女の心理的特徴4「非常にネガティブで、相手を評価する方法が減点方式」
  5. 結婚ができない女の心理的特徴5「周囲の人の視線が気になって、実は仕方なく結婚したいと思っている」

 

いかがでしたか?

 

繰り返しになりますが、
結婚は自分と相手があって
初めて成立するもの。

 

自分と相手が、お互いに、同じくらい
助け合っていけるかどうかを考えるこ
とは、結婚をするにあたって重要であ
ると思われます。

 

自分の立ち位置を考えながら、
自分に合った素敵な相手を
見つけられるといいですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。