人の目を見て話せない人の4つの心理や特徴

1対1で話をしているのに
いつも目を合わせないあの人

 

あなたの周りにも
いませんか?

 

人が喋ってるのに失礼だなぁ。

 

私の話ちゃんと聞いてるのかな。

 

そんな疑問を感じる人も
多いでしょう。

 

人の目を見て話せない人には
一体どのような心理や特徴が
あるのでしょうか。

 

今回は、人の目を見て話せない人
の4つの心理や特徴をご紹介します。

スポンサードリンク

人の目を見て話せない人の4つの心理や特徴

人の目を見て話せない人の心理や特徴1:話してる話題について自信が無い

 

多くの方がこれに当てはまる
場合が多いのですが

 

自分が今話している話題について
自分に自信が無いとき

 

そういった時に目線を外して
話してしまう傾向がある人がいます。

 

話しているその話題から逃げたい
自分は関係ないと思いたい

 

そのような心情の表れとして
目線を外す人が多いです。

 

例えば最近受けたテストで
自分は良い点数を取れなかった。

 

その事実を受け入れたくない。

 

そういった心情であるときに
テストの話になると
気が重くなりますよね。

 

話し相手から目線を逸らすことで
テストの点数が悪かったという
事実から逃げたいと思っている。

 

といった具合でしょう。

 

何か話題について自信が無いときや
その自信の無さから逃げたい
自信のない自分と向き合えない

 

そういった心情から
話し相手と目を合わせづらくなって
いるという場合があります。

スポンサードリンク

人の目を見て話せない人の心理や特徴2:隠し事をしている

 

隠し事をしている。

 

すなわちバレたくない、後ろめたい
事実を秘めている時

 

嘘をついている時

 

こういった状態で人と話す
と目線が泳いでしまいますよね

 

真実がバレないかとおどおど
しているのを悟られないように
するために

 

目線を外してポーカーフェイス
な状態を作り出している
という場合もあります

 

こういった場合は目線を
逸らしているという事も
悟られたくない心理があるので

 

ただ目線を逸らすのですはなく
スマホを見ながら話す

 

などといった行為で
誤魔化すという人も多いようです。

 

ただ、こういった
「嘘をついている人は視線を逸らす」
という概念を逆手に取り

 

嘘をついている時こそ
必要以上に目線を合わせてくる

 

という人もいるようです。

 

厄介ですよね。

スポンサードリンク

人の目を見て話せない人の心理や特徴3:恥ずかしい、人見知り

 

これは単純に性格の問題に
なってきますが

 

ただただ目を合わせることが
恥ずかしい

 

目を見て話すと緊張して上手く
思ったことが言えない

 

などといった心情から
目を合わせられないという
人もいます。

 

特徴として、昔から人と
コミュニケーションを取るという
行為が比較的少ない環境で
育ってきたという人に
見られることが多いです。

 

人と接することに免疫が無いと
言ったところでしょうか。

 

分かりやすい似たような心情を
挙げるとすれば

 

自分の好みのタイプの人に
話しかけられると緊張して
目が合わせられない

 

というのと原理は同じです。

 

好みのタイプの人ってそうそう
めぐり合う機会はないですよね。

 

好みの人に話しかけられるという
事に対して免疫がないわけ
ですから

 

いざ話すとなると緊張して
しまう。

 

人と目を合わせるのが恥ずかしい
という人からすれば

 

コミュニケーションを取ること
自体に免疫がないわけですから

 

常に緊張している状態と
言えますね。

スポンサードリンク

人の目を見て話せない人の心理や特徴4:容姿にコンプレックスを抱いている

 

これは話題が自分の不得意な
内容だからとか

 

人と目を見て話すことを恥ずかしい
と思っているとか

 

そういうのとはまた少し
違った心情です。

 

自分の容姿にコンプレックスを
抱いている人というのは
周りの目を異常なまでに気にします。

 

例えば歯並びに自信が無い。

 

ニキビができている。

 

自分が太ってると思っている。

 

など、容姿に自信が持てない
状態で人と話すという事は
なかな辛いものなのです。

 

人と話すという事は、相手は
自分を見ている。

 

という感覚になりますよね?

 

相手にどう思われているだろう。
絶対私のこと太ってると思ってる
だろうな。

 

というように、マイナスな方向へ
妄想してしまいがちになります。

 

コンプレックスがある自分を
受け入れられない。

 

という心情から目線を逸らし
現実からも目を背けようとしている。

 

そういった場合もあるかも
しれません。

スポンサードリンク

人の目を見て話せない人の心理や特徴まとめ

 

  1. 人の目を見て話せない人の心理や特徴1:話してる話題について自信が無い
  2. 人の目を見て話せない人の心理や特徴2:隠し事をしている
  3. 人の目を見て話せない人の心理や特徴3:恥ずかしい、人見知り
  4. 人の目を見て話せない人の心理や特徴4:容姿にコンプレックスを抱いている

 

いかがでしたでしょうか?

 

この4つの心理や特徴を
改めて振り返ると、話す時に
人の目を見れない人に
共通することは

 

受け入れたくない、逃げたいと
思う現実を抱えている

 

という事だというのが
分かりますね。

 

ただ、特徴2にも挙げたように
嘘をつく人は目を合わせないという
概念を逆手にとって

 

嘘をつく時ほど目を見てくる
という厄介者も存在します

 

なので、目を合わせないから
何か嘘をついている、後ろめたい
事実をかかえている

 

とは言い切れません。

 

人と話す時に目を合わせられない
理由は、まだまだ存在しそうですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。