恋愛依存症の女性の5つの心理や特徴

「私は彼氏がいないと
生きていけない!」

 

「彼氏と1日でも連絡が
取れないと不安で
仕方ない!」

 

「彼氏からの愛情を
感じられないと、すぐに
愛情表現を求めて
しまう!」

 

このような女性って
いるのですよね。

 

彼氏の存在が無ければ
生きていけない。

 

彼氏に依存している。

 

すなわち、恋愛に依存して
いる恋愛依存症の女性。

 

このように恋愛していな
ければ、彼氏がいなければ
生きていけないという
ような女性には

 

一体どのような心理や
特徴があるのでしょうか。

 

今回は、「恋愛依存症の
女性の5つの心理や特徴」
についてご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

恋愛依存症の女性の5つの心理や特徴

恋愛依存症の女性の心理や特徴①人一倍の寂しがり屋である

 

恋愛依存症の女性の
多くに見られる性格上の
特徴として、

 

寂しがり屋というものが
挙げられます。

 

しかし、それはただの
寂しがり屋と言うわけ
ではなくて

 

人一倍の、重度の寂し
がり屋である場合が
多いのです。

 

一人でいる時や、何と
なく気分が乗らない時

 

悲しい事があった時
などに「寂しいな…」

 

と思ってしまう事は
誰にでもあること
でしょう。

 

しかし、恋愛依存症
にまで発展する程に
なってくると、

 

とにかくいつでも
人肌恋しいと思っている。

 

友幸と居る時でさえ
物寂しさを覚えてしまって
いる。

 

という場合があるのです。

 

友達などと過ごしていても
なにか満たされず、

 

男性のような包容力の
ある存在を求めがちです。

 

要するに、自分を包み込んで
くれるような人を好み、求める
傾向があるという事です。

 

このことから、同性同士の
友達と過ごすよりも

 

彼氏と居ることに居心地の
良さを感じたり、自分の中の
不安要素を消し去ってくれる
存在として

 

彼氏を認識している
可能性があります。

 

恋愛依存症の女性の心理や特徴②常にマイナスな物の考え方をする

 

恋愛依存症の人は
重度の寂しがり屋の人が
多いという話を
しましたが、

 

この常に寂しさを
覚えてしまう原因として、
マイナス的な物の考え方
をするという特徴も
あります。

 

例えば、誰かが自分の隣で
ひそひそと話していたら
それはすべて自分の悪口を
言っているのだと考える。

 

彼氏が少しでも他の女性と
喋っていると、彼氏は
自分よりもあの子の事が
好きなんだと考える。

 

などなど…

 

決して自分が被害者である
とは限らないようなことでも
すぐに悪い方向に物事を
考えてしまう癖があるのです。

 

被害妄想が強いという
言い方もできるかもしれま
せんね。

 

このような特徴や心理が
あることから、常に心の中に
不安要素を抱えている。

 

自分を慰めてくれる
存在を求めている。

 

といった心理状態に陥り、
それが恋愛依存症に
繋がってしまっている
のです。

スポンサードリンク

恋愛依存症の女性の心理や特徴③彼氏を中心に生活している

 

このように、常に自分の中に
寂しさだったり不安要素を
抱えてしまう傾向のある
恋愛依存症の女性は

 

彼氏を中心とした生活を
する傾向もあるのです。

 

自分が寂しい時、辛い時に
自分の心を満たしてくれる、
癒してくれる唯一の存在
である彼氏を

 

失ってしまうという事は
恋愛依存症の女性にっとて
最も避けたい出来事なのです。

 

ですので、そんな彼氏に
嫌われたくないという
思いから、

 

スケジュールはすべて
彼氏を中心に考える。

 

自分のプライベート
よりも、彼氏の予定を
優先するような生活を
送っている。

 

という場合もあるのです。

 

ですので、友達との約束に
ドタキャンしてしまったり
することもあるそうです。

 

このことから、恋愛依存症の
女性は、同性の友達からは
良い印象を持たれない場合が
多くなってしまいます。

 

恋愛依存症の女性の心理や特徴④彼氏からの評価を一番に気にする

 

先ほどご紹介したように、
恋愛依存症の女性にとって
彼氏から嫌われることは
最も避けたい出来事なのです。

 

彼氏から好かれるために
自分の身の回りのもの全て
彼氏からの評価を一番に
反映させる傾向があります。

 

メイクや服装にしてもそう
ですし、仕事内容や付き合う
友達まで、彼氏からどう
思われているかを最優先
するのです。

 

少しでも彼氏が気に食わ
なさそうな雰囲気が
伺えると、

 

例え自分が良いと思って
いたことでも簡単に
手放します。

 

このような自分の判断で
動くということが出来なく
なってしまっている人も

 

恋愛依存症の女性の中には
見られる場合があります。

スポンサードリンク

恋愛依存症の女性の心理や特徴⑤彼氏の為なら不幸になれる

 

これは人間として陥ることは
避けたい心理状況なのですが、

 

恋愛依存症の女性は、これまで
ご紹介してきましたように

 

人よりも寂しがり、不安になり
それが故に彼氏に依存する
事も多く、予定も意見も
全て彼氏を最優先させる。

 

ここまで徹底的に彼氏に
尽くしている恋愛依存症の
女性は、

 

大事な彼氏を失うくらいなら
自分が我慢をしてでも
彼氏の幸せを優先する
といった心理も持っています。

 

これが原因で、彼氏に
多額のお金を容易に
貸してしまって返して
貰えないなどといった

 

金銭的トラブルが
起こりやすいのです。

 

しかし、いくら彼氏の
幸せと言っても、彼氏が
他の女性と過ごすこと、
自分と別れることについては
強く反対する傾向があります。

 

彼氏を失う事は、一番
避けたいことですので。

 

恋愛依存症の女性の心理や特徴まとめ

 

  1. 恋愛依存症の女性の心理や特徴①人一倍の寂しがり屋である
  2. 恋愛依存症の女性の心理や特徴②常にマイナスな物の考え方をする
  3. 恋愛依存症の女性の心理や特徴③彼氏を中心に生活している
  4. 恋愛依存症の女性の心理や特徴④彼氏からの評価を一番に気にする
  5. 恋愛依存症の女性の心理や特徴⑤彼氏の為なら不幸になれる

 

いかがでしたでしょうか?

 

自分は「恋愛依存症になんか
なっていない!」と、

 

他人事のように感じている
方の中にも、この中に
当てはまる項目は
ありませんでしたか?

 

恋愛依存症と言うのは
ほとんどの場合
自覚症状がありません。

 

ですので、少しでも
当てはまる項目がある
という人は、

 

時には自分を客観的に
見つめ、自分は恋愛に依存
していないかどうかを
見極めるようにしましょうね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。