遅刻する人の5つの心理パターンと特徴

「あいつはいつも少し遅れてくるから」

 

1度は聞いたことが
ありませんか。

 

この言葉を聞くと、
「あぁそうなんだ」
と納得しがちです。

 

でもよく考えてみると
いつも遅刻することって
どうなんだろうと思えて
きます。

 

友達との遊ぶ予定に少し
遅刻する程度ならそこまで
問題にはならないことが
ほとんどです。

 

しかし職場の会議や
面接などの時間に
遅れてしまうなら
どうでしょうか。

 

ほとんどの場合、
怒られてしまう
はずです。

 

今回は遅刻ばかりする人の
心理パターンと特徴について
まとめました。

スポンサードリンク

遅刻する人の5つの心理パターンと特徴

遅刻する人の心理パターンと特徴1「予定を把握できていない」

 

「あっ!今日は◯◯の予定だった!!」
と気づけばもうすでに遅刻が決定。

 

こういうことは誰もが1回は
経験したことがあるのでは
ないでしょうか。

 

いくら急いでも間に合わない
時間に予定に気づいてしまう。

 

もうどうすることもできず
暗い気持ちでその予定へ…

 

考えるだけで嫌な気持ちに
なってしまいますね。

 

遅刻する人の中には、
このように予定を把握できて
いないために遅刻をしてしまう
人がいることでしょう。

 

予定を記入していなかったり
記入はしていても確認し忘れ
ることがよくあったりなど
理由は様々です。

 

遅刻ばかりする人に予定を
把握できていない人がいる
ならこちらから連絡する
ことで遅刻が防げるかも
しれませんね。

スポンサードリンク

遅刻する人の心理パターンと特徴2「どうせ怒られないと思っている」

 

学生の頃によく遅刻してくる
友達やクラスメイトがいたで
しょうか。

 

走ってきて教室に飛び込んで
くる子もいれば遅刻は確実
なのでのんびり教室に入って
くる子も。

 

先生に謝る子がいる一方で
謝らずに席に座る子もいた
ことでしょう。

 

遅刻をしてきた側ではなく
遅刻をされた側に目を向けて
みましょう。

 

先ほどの学校の例であれば、
先生がそれにあたります。

 

遅刻をされたときには、
思いっきり怒る人もいれば
諭すように怒る人もいます。

 

もしくは何も言わない人も
中にはいることでしょう。

 

もし遅刻ばかりしていても
怒られた経験が少ないまたは、
ないのであれば遅刻がクセに
なってしまうことも考えられ
ます。

 

そうです、遅刻する人
中にはそのような人がいるかも
しれないのです。

 

そしてこういう風に考えてしまうかも..

 

「遅れても怒られないしいいか」

スポンサードリンク

遅刻する人の心理パターンと特徴3「遅刻で悪い思いをしたことがない」

 

遅刻ばかりする人の心理
パターンと特徴2で考えた
点にも共通する部分のある
今回の心理パターンと特徴。

 

怒られないということ以外
にも広く考えてみましょう。

 

遅刻をすることで挙げられる
デメリットにはどのような
ものがあるでしょうか。

 

怒られる。
人間関係が壊れる。
クレームがくる。
予約時間を変更される。
などなど…

 

このようなデメリットが
考えられます。

 

遅刻する場面はいろいろある
と思うのでいくつか挙げて
みましたがどれもできるなら
経験したくありませんね。

 

遅刻ばかりする人の中には
遅刻をしたことでこのような
経験を1度もしたことがない
人がいるかもしれません。

 

やはりビシッと言って
もらうことは大事ですね。

スポンサードリンク

遅刻する人の心理パターンと特徴4「謝ればいいと思っている」

 

遅刻をしてきた人が
「ごめん!待った?」
と言ってくることは
よくあります。

 

こちらもあまり気にせず
「全然待ってないよ』と
優しく返すかもしれません。

 

これぐらいなら何も
問題ありませんね。

 

おそらく遊びの予定などに
この会話を経験したことが
おありでしょう。

 

でもこれが毎回続くと
どうでしょうか。

 

遅刻をすることが本当に
悪いことだと思っている
のかなとちょっと疑って
しまうかもしれませんね。

 

もしかすると
「謝ればいいか」
とこのように考えて
いる可能性も。

 

遅刻ばかりする人が
このようにとりあえず
謝ってくるときには
少し怒った雰囲気を
出してみると相手の
本心が見えそうですね。

 

遅刻する人の心理パターンと特徴5「自分を優先する」

 

服選びや髪のセッティングに
時間がかかってしまい予定に
遅刻した経験はありますか。

 

もっと早くに準備を始めれば
よかった。

 

このように後悔してしまうことも。

 

後から考えるとどうしてあんなに
時間がかかったのかよく分からない
こともしばしば。

 

遅刻ばかりする人は無意識の
うちに自分を優先しているの
かもしれません。

 

遅刻するぐらいならパジャマでも
いい!

 

こんな人もいるかもしれませんが
多くは身だしなみをある程度または
完璧に整えてから出かけるはずです。

 

もしくは意識的に自分を優先して
しまう恐れもあります。

 

ちょっと遅れるけど△△をしてから
と考えてしまうのです。

スポンサードリンク

遅刻する人の5つの心理パターンと特徴まとめ

 

  1. 遅刻する人の心理パターンと特徴1「予定を把握できていない」
  2. 遅刻する人の心理パターンと特徴2「どうせ怒られないと思っている」
  3. 遅刻する人の心理パターンと特徴3「遅刻で悪い思いをしたことがない」
  4. 遅刻する人の心理パターンと特徴4「謝ればいいと思っている」
  5. 遅刻する人の心理パターンと特徴5「自分を優先する」

 

いかがでしたか。

 

遅刻する人の考えていることを
少し知ることができました。

 

遅刻ばかりする人と待ち合わせをする
ときには頻繁に連絡をしてあげるのも
1つの方法ですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。