人の家で寝られない人の5つの心理や特徴

友人や恋人の家に楽しくお泊まり!

 

と、時には自分の部屋以外で寝る
状況になることがあります。

 

夜遅くまで自分と気が合う人と
過ごせる時間はとても有意義な
ものです。

 

しかし
「自分の部屋でないと
熟睡できない…」

 

とお悩みの方も
いらっしゃいます。

 

特に次の日に何か予定が控えていると
前日にしっかり眠ることができないの
はとても心配ですよね。

 

人の家で寝られない人には
何か共通する心理や特徴
あるのでしょうか?

 

今回はその心理や特徴について
迫ってみましょう。

スポンサードリンク

人の家で寝られない人の5つの心理や特徴

人の家で寝られない人の心理や特徴1「繊細で神経質である」

 

環境が変わると
人間はストレスを感じます。

 

そのストレスを大きく感じるか
またはあまり感じないかは
個人差によります。

 

おおらかで、あまり細かいことを
気にしない人は環境が変わっても
特に気になりません。

 

一方で繊細で、神経質である人は
ちょっとした変化に気付くがゆえに
それをストレスと感じやすいのです。

 

これは性格によるもので
どんな性質の人が優れている
というわけではありませんので

 

人の家で寝られないから劣っている
というわけではないことに
注意してくださいね。

 

人の家で寝られない人の心理や特徴2「その環境に慣れていない」

 

心理1に関連してくるお話ですが
人の家で寝られない原因としては

 

その場の環境に心身共に
慣れていない

 

ということが考えれられます。

 

繰り返しになりますが
人は環境が変わると多少なりとも
ストレスを感じます。

 

また、人間以外の生き物でも
周囲の環境が変わるとストレスを
もちろん感じます。

 

ネコやイヌを飼っていて
トイレや水入れの位置を
いつもよりも違うところ
に置いたら

 

ペットがなんだかそわそわ
していて落ち着かない様子
なので、それらの位置を元
に戻したという話はよく聞きます。

 

環境が変わること自体が
生き物にとってしんどい
ことであることが
よく分かりますね。

 

一つの対策としては
自宅で就寝前に行う習慣を
作っておいて

 

(例えば、夜寝る前に
コップ1杯の水を飲むなど)

 

それを別の環境でも
行ってみると

 

自分の身体に
「いつもの場所とは違うけれど
これから寝るんだよ」

 

と合図を送って安心させて
あげられるかもしれません。

 

または、日常的に自分の部屋以外で
寝ることを繰り返すことで

 

身体が環境の違うところで寝ること
自体に慣れてくる場合もあります。

スポンサードリンク

人の家で寝られない人の心理や特徴3「日々ストレスを感じている」

 

これは人の家で寝られない人にも
また自分の部屋で寝られない人に
も言えることですが

 

日々の中で何か悩み事が合ったり
とても忙しい毎日を送っていたりと

 

ストレスの多い生活をしている方は
睡眠に関して問題を抱えていること
が多いです。

 

身体と心は相互作用するものなので
何か悩んでいることがあると
それが身体にも影響して
リラックスできなくなります。

 

身体が緊張状態であれば
もちろん眠りにつくことも
難しくなります。

 

睡眠というと、身体自体の問題に
ついて考えてしまいがちですが

 

精神的な面で何か問題がないか
注意してみることも大切です。

 

人の家で寝られない人の心理や特徴4「眠れなかったらどうしようと考えてしまう」

 

布団やベッドに入ってなかなか
寝付けない時に必ず思うことが

 

「このまま眠れなかったら
どうしよう…」

 

ということです。

 

ただでさえいつもと異なる環境で
寝ようとしているので寝辛いのに

 

更に悪い方向に考えてしまうような
考え事をすることで眠れなくなり

 

無意識に自分で自分を追い込んで
しまうような形になってしまいます。

 

なるべく頭を働かせないよう、
何も考えないように頭を空っぽに
してみることをぼんやりと意識し
てみると良いかもしれません。

スポンサードリンク

人の家で寝られない人の心理や特徴5「睡眠障害がある」

 

一言に睡眠障害と言っても
様々にあり、またその診断も
非常に難しいものではありますが

 

あまりにも違った環境下で
眠れない日々が続き
本当に辛いのであれば

 

専門家を頼る手も
もちろんあります。

 

受診するとして、睡眠科のある
内科が良いとは思いますが

 

悩んでいるのならば
心療内科や精神科に一度
行ってみることもできます。

人の家で寝られない人の5つの心理や特徴まとめ

 

  1. 人の家で寝られない人の心理や特徴1「繊細で神経質である」
  2. 人の家で寝られない人の心理や特徴2「その環境に慣れていない」
  3. 人の家で寝られない人の心理や特徴3「日々ストレスを感じている」
  4. 人の家で寝られない人の心理や特徴4「眠れなかったらどうしようと考えてしまう」
  5. 人の家で寝られない人の心理や特徴5「睡眠障害がある」

 

いかがでしたか?

 

人間にとって睡眠は大切なものです。

 

よく眠れないと、体調面に影響して
しっかりと行動できなくなります。

 

睡眠で悩んでいたら
一人で抱え込まないで

 

周囲の人や専門家に
相談することを忘れないでくださいね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。