早起きできない人の5つの心理や特徴

明日から早起きをしよう。

 

大事な用事があるから
明日は早く起きなければ。

 

など、早起きを決心する
きっかけは人様々ですよね。

 

しかし、「早起きしよう!」
と決めたのにも関わらず
なかなか目覚めること
ができない。

 

という悩みを持つ方も
多いのでは無いしょうか?

 

早起きをするためには
まず、早起きできない理由
を知ることが必要なのです。

 

では、早起きできない
という人には一体
どのような心理や特徴が
あるのでしょうか。

 

今回は、「早きできない人
の5つの心理や特徴」
を、ご紹介します。

スポンサードリンク

早起きできない人の5つの心理や特徴

早起きできない人の心理や特徴①ショートスリーパーだと思っている

 

よく勘違いされがちなのは
自分をショートスリーパーだと
思っているという事です。

 

ショートスリーパーとは、
短時間の睡眠でも、長時間
睡眠をとった人と同じくらい
の睡眠効果が得られる人の
事です。

 

要するに、あまり寝なくても
大丈夫な体質といった
ところでしょう。

 

自分が、このショート
スリーパーだと勘違いして
いるあまり、夜遅くまで
起きていてしまう。

 

という人も多いのでは
無いでしょうか?

 

ショートスリーパーとは
トレーニング次第で
なる事ができる場合も
あるようですが、基本は
人それぞれの体質です。

 

 

ショートスリーパー
では無い人が無理やり
睡眠時間を削ると、単なる
睡眠不足の蓄積となり
朝起きるのがだんだん
辛くなってきてしまいます。

 

ですので、自分はどれくらい
寝た時がすっきり目覚める
ことができたのか。

 

という事を普段意識して
観察してみると
良いかもしれません。

 

早起きできない人の心理や特徴②寝る前のスマホが日課

 

よく、寝る前にスマホを
見るという人がいます。

 

SNSをチェックしたり
アプリなどでゲームをしたり
動画を見たりと…

 

実は、この行為は
眠りの質を下げてしまう
行動なのです。

 

スマホをはじめ、テレビや
ゲーム機などの画面からは
ブルーライトというものが
放たれています。

 

このブルーライトには、
脳を覚醒状態にする作用が
あります。

 

本来なら眠気を感じる
時間のはずなのに、
この覚醒作用によって
眠気を感じなくなる。

 

その結果、夜更かしに
繋がってしまったり、
また眠りかけた脳が再び
活動し始めてしまうので
質の浅い眠りになって
しまいます。

 

これが原因で、朝スッキリと
目覚めることができない。
起きることへの苦痛のイメージ
が定着してしまい

 

早起きできない人に
なってしまうのです。

 

対策としては、一番
手っ取り早いのは
寝る直前にブルーライト
に触れない習慣を作る。

 

どうしてもという場合は
ブルーライトを軽減する
眼鏡などが売っているので
それを活用するか

 

スマホなどの設定で
ブルーライトを軽減できる
ものがあるので、
夜はその設定を活用する。

 

というのが良いのでは
ないでしょうか。

スポンサードリンク

早起きできない人の心理や特徴③起きてからすべきことが無い

 

早起きできない人には
朝起きてからすべきことが
無いという生活習慣が
ある人が多いです。

 

ただ朝起きて、朝食を摂って
身支度をして家を出る。

 

これだけでは比較的
短時間で済んでしまい
ますので、予定によっては
そこまで早起きしなくても
いいですよね?

 

それが原因で、早起き
する習慣が無くなってしまう
という場合もあります。

 

これを解決するには
朝やるべきことを作る。
という事です。

 

これは決して、
いつもしない何かを
無理して始めよう。
ということではなくて

 

例えばいつも夜中に
やっている作業を
朝早く起きてやる。

 

というので十分です。

 

漫画や雑誌を読むとか、
いつも残業して終わらせる
仕事とか…

 

そういったものを
朝の時間を活用してやる。

 

これだけで自然と
無理なく「朝起きる」という
イメージが頭に定着
しますし、

 

なにより朝は作業効率が
夜に比べて大幅にアップする
と言われているのです。

 

時間短縮になったり
いつも煮詰まる作業が
スムーズに終わったり。

 

お得がたくさんあります。

 

更に、先ほど寝る前のスマホ
はブルーライトの覚醒作用
によって睡眠の質が下がるので
控えましょうという話を
しましたが、

 

この覚醒作用を利用して
朝にブルーライトを浴びると
脳が目覚めてくれるのです。

 

なので、いつも夜な夜な
スマホやゲームなどを
するという人は、

 

朝にすることによって
眠気を覚ますことが出来ます。

 

特にやることが無いという
人も、朝早起きしてできた
時間で何か新しい趣味を
始めてみる。というのも
素晴らしいですね。

 

「早起きは三文の徳」
とはまさにこのことでは
ないでしょうか?

スポンサードリンク

早起きできない人の心理や特徴④「早く寝ないと…」と思いすぎる

 

明日は大事な会議がある。
大きな試合がある。
テストが始まる。

 

など、特に早起きをしたい
と強く願う時に限って
なかなか寝付けない。

 

という経験のある方も
多いと思います。

 

早く起きなければ…
と考えてしまう気持ちは
よくわかりますが、

 

これは脳が緊張状態にある
と言え、脳にとってかなり
負担となり、ストレスにも
なってしまいます。

 

これも、睡眠の質を下げる
原因になってしまうのです。

 

こういう時は、特に早く
起きたい日の前日ほど
夕方ごろに軽く運動して
程よく体を疲れさせてやる。

 

そうすることで深い眠りに
つくことができます。

 

あとは、浴槽に浸かって
体を温めて、湯冷めしない
うちに布団に入ったり、

 

寝る前に軽く柔軟をして
体の緊張を解いてあげたり。

 

こうすることで、脳も
リラックスした状態で
眠ることができます。

 

早起きできない人の心理や特徴⑤二度寝の習慣がある

 

これは誰しもが経験
したことがあるでしょう。

 

二度寝というのは、
やはり気持ちが良いですし
優越感に浸ることが
できますよね。

 

なので、お休みの日に
たまに二度寝をするくらいなら
自分へのご褒美として良い
でしょう。

 

しかし、習慣化されては
普段起きたいときに
一回の目覚ましで起きるのが
難しくなってしまいますね。

 

二度寝の習慣を断ち切るには、
必要以上に早く目覚ましを
かけないことです。

 

早く目覚ましをかけすぎると、
一度目を覚ました安心感から
「まだ時間に余裕がある。」
という感覚に陥り、二度寝
してしまいます。

 

これを繰り返すことで
二度寝が習慣化されてしまい
ますので、自分の生活
リズムに合わせた時間に
目覚ましを設定しましょう。

 

一回目が覚めたら
布団から出る!

 

という習慣をつけることが
大切です。

 

早起きできない人の心理や特徴まとめ

 

  1. 早起きできない人の心理や特徴①ショートスリーパーだと思っている
  2. 早起きできない人の心理や特徴②寝る前のスマホが日課
  3. 早起きできない人の心理や特徴③起きてからすべきことが無い
  4. 早起きできない人の心理や特徴④「早く寝ないと…」と思いすぎる
  5. 早起きできない人の心理や特徴⑤二度寝の習慣がある

 

いかがでしたでしょうか?

 

早起きというのは、ちょっとした
意識や簡単な習慣を身に付ける
ことで出来るようになるもの
だというのがお分かりいただけ
ましたでしょうか?

 

上記以外には、朝起きてから
朝日を浴びるというのも
目覚まし効果があって
オススメですよ。

 

「早起きできない」と悩む
方々にとって、この記事が
参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。