見栄っ張りな人の5つの心理パターンと特徴

パッと見ると人当たりがよく
身だしなみもきちんとしていて
ちゃんとしたいい人なのかな?

 

と思っていたら
ただの見栄っ張りだった
なんてことはありませんか?

 

つい若く見られたくて
年齢をごまかして
言ってしまったり、

 

できないのに、できると
言ってしまったり。

 

生きていれば多少の見栄を
張りたくなることがありますね。

 

でもいつも見栄を張ってしまう人は
注意しましょう。

 

周りの人から遠ざけられてしまって
いるかもしれません。

 

そうならないために見栄っ張りな人の
心理を知ることからはじめましょう。

 

スポンサードリンク
 

見栄っ張りな人の5つの心理パターンと特徴

見栄っ張りな人の心理パターン1「自分をよくみせたい」

 

見栄っ張りな人は

 

  • 称賛されたい
  • 褒められたい

 

という気持ちの現れとして
見栄を張ります。

 

他人にすごいねと言われることで
優越感を感じてプライドを
満たそうとします。

 

褒められてうれしくない人は
少ないはず。

 

ところが優越感に浸ることで
心のなかの不安まで解消されると
勘違いをしてしまいます。

 

そのため見栄っ張りな人を
演じ続けることに
なってしまうのです。

 

見栄っ張りな人の心理パターン2「自分を大きくみせたい」

 

つい他人と比較してしまうことは
ありませんか?

 

見栄っ張りな人は、他人と自分を
比較して考えるくせがあります。

 

他人から見て自分はどう見えるか?

 

ではなく、自分から他人を見ると
ここがたりない、あれがないという
視点で自分を見ているのです。

 

だからいつも足りないので、
足りない分大きく見せることで
他人との同調を図ろうとします。

 

自分と他人を切り離せて考えられない
ことに、見栄を張って自分を大きく
みせて他人が離れていってしまうという
悲劇が起こるのです。

 

スポンサードリンク
 

見栄っ張りな人の心理パターン3「自分に自信がない」

 

ありのままの自分をみせることに
自信がない人は見栄を張ってしまいます。

 

そのままの自分が周りの人には
受け容れられないという思いに
囚われているためそこから抜け
出せない状態です。

 

あるいは

 

  • 馬鹿にされたくない
  • 軽く扱われたくない

 

という思いが過剰に大きいと自分を
みせて取り繕うとして見栄を張って
しまします。

 

これは何度か自己評価が下がる経験を
繰り返したためにそのような思考に
なってしまっていると考えられます。

 

本当に偉い人は見栄を張って偉そうに
みせることはありません。

 

それは自分に自信があり
なにがあっても大丈夫という
自己信頼が強いためです。

 

見栄っ張りな人を演じることは
自分を偽って表現しているという
意識もあり、

 

罪悪感を感じながらも見栄っ張りな人を
演じ続けるという悪循環になってしまいます。

 

見栄っ張りな人の心理パターン4「他人に認めてほしい」

 

見栄っ張りな人の中には
満たされない気持ちを
他人に認めてもらうことで
満たそうとする人もいます。

 

見栄を張ってみたところ周りの人から
褒められたり自分が欲しい反応を
得られるとアピール癖がついて
見栄っ張りな人になっていきます。

 

自分に対して信頼や安心感が持てないと
それを周りの人に認めてもらうことで
信頼や安心感を得ようとしてします。

 

これが強くなると見栄っ張りな人の
行動をとってしまうのです。

スポンサードリンク

見栄っ張りな人の心理パターン5「自己評価が低い」

 

見栄っ張りな人は自己評価が低いため
他人から認めてもらうことで自分を
認めるというゆがんだ考え方が原因と
なっています。

 

自分と他人は価値観も条件も違うもの。

 

自分がどう思うかで人生は変わります。

 

他人の評価なんて何の意味もないと
気づくかどうかでこのタイプの
見栄っ張りな人が見栄を張らずに
ありのままで生きられるかどうかの
分かれ道になります。

 

見栄っ張りな人の5つの心理パターンと特徴まとめ

 

見栄っ張りな人の5つの心理パターンと特徴をまとめると

 

  1. 見栄っ張りな人の心理パターン1「自分をよくみせたい」
  2. 見栄っ張りな人の心理パターン2「自分を大きくみせたい」
  3. 見栄っ張りな人の心理パターン3「自分に自信がない」
  4. 見栄っ張りな人の心理パターン4「他人に認めてほしい」
  5. 見栄っ張りな人の心理パターン5「自己評価が低い」

 

という心理パターンが挙げられます。

 

見栄を張ったがために、逆に引かれて
しまってかっこ悪く思われるのは
つまらないし本当の自分ではないのに
そんな風に思われたら本当の自分の
気持ちはどう感じるでしょう?

 

ありのままの自分を
さらけ出すことは難しくても、

 

自分の身の丈にあう装いや振る舞いを
することは他人との人間関係を築くときに
一番大切な信頼関係をつくる
重要なポイントになります。

 

人生を豊かにしたり
成功していくためには
人間関係が最も大切です。

 

身の丈の自分を見せて
相手に安心感を与えて
心を開いて付き合うことのできる関係は
かけがえのないものです。

 

見栄を張らずに生きることは
自分も楽にして相手からも好感を
得られる賢い生き方です。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。