ゴミ屋敷を作り出す人の5つの心理パターンと特徴

皆さんは掃除は好きですか?

 

綺麗好きな方もいれば
掃除はあまり好きでない方も
もちろんいらっしゃいますね。

 

ただ、いくら掃除が
好きでないと言っても

 

ある程度のところまで
家が汚れると

 

「仕方ない、掃除するか」

 

と自発的に掃除をする方が
ほとんどだと思います。

 

しかし、「ゴミ屋敷」という
言葉が存在するように

 

一部の方は普通の生活を送ることが
困難になるほど

 

家の中をゴミでいっぱいにしてしまう
ことがあります。

 

彼らは一体どうしてあのような状況に
陥ってしまうのでしょうか?

 

非常に気になるところですね。

 

そこで今回は、ゴミ屋敷を
作り出してしまう人

 

心理や特徴について
迫ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク
 

ゴミ屋敷を作り出す人の5つの心理パターンと特徴

ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴1「とても忙しい」

 

非常に忙しい生活を送っていると
なかなか掃除することができません。

 

きっと本人は

 

「掃除しないとなぁ」

 

と思ってはいるのですが

 

「それよりも仕事や課題を
優先しなくては…」

 

と、どうしても掃除が
後回しになってしまっています。

 

更に一人暮らしの方だと
もちろん他にその家に
住んでいる人はいないので

 

掃除以外にも、
食事の用意や洗濯など

 

家事は全てその人が
やらなくてはなりません。

 

ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴2「精神的に余裕がない」

 

精神的に余裕がなくなってくると
身の回りの基本的なことが
段々できなくなってきます。

 

精神的に辛いと、
未来に希望を抱けなくなるので

 

「自分が今していることに
何の意味があるのだろう」

 

と感じ始めます。

 

なので、例えば

 

健康でいようとするために
バランスの取れた食事をしたり

 

いつ来客があってもいいように
掃除をしたりするなど

 

未来を考えた行動が
取れなくなります。

 

今を生きるのに精一杯なので
その場その場の現在しか
考えられないほど
余裕がなくなるのです。

 

スポンサードリンク
 

ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴3「強いストレスを感じている」

 

特徴2と関連しているお話ですが
強いストレスを抱えていることも

 

ゴミ屋敷を作り出す原因になる
ことがあります。

 

例えば「買い物依存症」
というものがあります。

 

これは精神疾患の一つで、
ストレス解消のために
必要以上に物を買ってしまう
病気です。

 

精神的に満たされないところを
色々な物を買うことで

 

物質的に満たされようと
しているのですね。

 

このように
強いストレスがあることが

 

ゴミ屋敷を生み出す原因と
なることがあります。

 

ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴4「強迫性障害の傾向がある」

 

「強迫性障害」とは
精神疾患の一種で

 

自分でもおかしい・つまらないと
思っていることを何度も何度も
考えてしまい

 

日常生活を送るのに支障が
出てしまっている状態を言います。

 

例えば
手が汚れていると思い込んで
一日に何度も手を洗っていて
手の皮膚がボロボロになっていたり

 

家の戸締まりが気になって
数十回以上確認したり
じっと見張ったりします。

 

ゴミ屋敷に繋がることとしては
「強迫的溜め込み」という
概念があります。

 

その定義としては3つあり

 

1.物を収集しすぎる
2.整理ができない
3.捨てられない

 

という内容です。

 

この症状の人は

 

物を集めないことで
非常に強い不安を感じたり

 

これはこの先絶対に手に入らない
ものだと強く思い込んで
捨てられなかったりと

 

文字通り「強迫的」に
物に執着してしまいます。

 

スポンサードリンク
 

ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴5「ADHDの傾向がある」

 

ADHDは「発達障害」の一つで
日本語で「注意欠陥多動性障害」と
言います。

 

以下の2つの型に
分けられます。

 

「不注意」型:
物事に注意を向けることが苦手

 

「多動・衝動」型:
じっとしていることが苦手

 

この「不注意」の症例に

 

「物事を順序立てて行うことができない」
「忘れ物、失くしものが多い」

 

というものがあります。

 

整理整頓が不得意だということですね。

 

よって、ゴミ屋敷を作り出す要因の
一つとして、ADHDが含まれている
可能性があるのです。

 

発達障害は先天的(生まれつき)なもので
本人の努力でどうこうできるものでは
ありません。

 

しかし、専門の医師から処方される
薬を服用すれば、その症状が軽減できる
こともありますので

 

ADHDの症状に心当たりがあって
悩んでいる方がいらっしゃれば

 

心療内科や精神科の専門家に
一度相談に行ってみましょう。

 

くれぐれも、一人で
悩まないでくださいね。

 

ゴミ屋敷を作り出す人の5つの心理パターンと特徴まとめ

 

  1. ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴1「とても忙しい」
  2. ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴2「精神的に余裕がない」
  3. ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴3「強いストレスを感じている」
  4. ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴4「強迫性障害の傾向がある」
  5. ゴミ屋敷を作り出す人の心理パターンと特徴5「ADHDの傾向がある」

 

いかがでしたか?

 

「ゴミ屋敷」と聞くと

 

「だらしがない人が
住んでいるんじゃないの?」

 

と単純に思ってしまいがちですが

 

その原因としては様々な可能性が
考えられることが分かりました。

 

特に、強迫性障害やADHDの場合だと
本人の努力ではどうにもできないので

 

もしお知り合いにゴミ問題で
困っている方がいるのであれば

 

専門家に頼って正しい治療を
行っていきましょう。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。