初対面でタメ口でしゃべる人の5つの心理と特徴

初対面の人と話す時は
どんな状況であれ

 

大人のマナーとして
最低限の敬語を使うのが
一般常識ですよね。

 

しかし、いるのですよね。

 

初対面でタメ口でしゃべる

 

という人。

 

「ほんとに?!」
「これ分からない。」
「ありがとう!」

 

…「ありがとうございます」
でしょ!!

 

と、思わず突っ込んでしまい
たくなった方も多いのでは
ないでしょうか?

 

初対面でいきなりタメ口
をきくという人には
一体どのような心理や特徴
があるのでしょうか。

 

今回は、初対面でタメ口で
しゃべる人の5つの心理
と特徴をご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

初対面でタメ口でしゃべる人の5つの心理と特徴

初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴1:悪いことでは無いと思っている

 

悪いことだとは思っていない。

 

悪気は無いとなると
少々憎みにくいような
気もしますが…

 

はっきりというと
常識が無いという事です。

 

育ってきた環境による
影響が大きいと言えるでしょう。

 

例えば、外出した先で
親が店員さんなどに対して
敬語を使わない。

 

学生時代に先生にタメ口
をきいても強く叱られたこと
が無いなど。

 

敬語を使わないことによる
社会的な目線について
感覚が鈍いと言える状態
ですね。

 

このままでは早かれ遅かれ
大恥をかく日が必ず来ます。

 

失敗してから気付く
というのも本人には一番の
薬になるでしょうが、

 

気付いた人が注意してあげた
方が良いでしょう。

 

もしそのタメ口でしゃべる
人とあなたに関わりがある場合

 

あなたの印象や価値にも
影響してしまう場合も
ありますからね。

 

スポンサードリンク
 

初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴2:タメ口は親しみやすいと思っている

 

これは時と場合によっては
一理ある場合もあるかも
しれません。

 

堅苦しい雰囲気が苦手
という人もいますからね。

 

しかし、これが許されるのは
お互いにタメ口でしゃべる
という事に同意がある場合。

 

且つ、ちゃんと敬語も
話せる人である場合です。

 

例えばカジュアルな場では
「全然タメ口で良いよ!」
なんてこともあるでしょう。

 

それでお互いに居心地が
悪くないのであれば
初対面からタメ口でも
何ら問題はないでしょう。

 

しかし、一番大事な点。

 

それは、ちゃんと敬語も使える
上での話であるという事。

 

使い分けとしてちゃんと
意識があるのであれば
フォーマルな場など
必要な時はきちんと敬語
が使えるので心配要りませんが

 

敬語が元々使えないのであれば
問題ですよね。

 

このタイトルの冒頭にも
述べたように

 

確かにタメ口でいきなり
しゃべった方が親しみやすい
という場合もあるかも
しれません。

 

しかし、ちゃんとTPOを
考えて言葉を選ぶべきですね。

スポンサードリンク

初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴3:個性だと思っている

 

これは正直とても厄介です。

 

悪気が無いうえに、それを
自分の個性だと思っている。

 

すなわち、少なくとも
自分の欠点だとは思っていない。

 

むしろ良いところだという
認識が本人の中にある
可能性があります。

 

はっきり言って、タメ口は
個性ではありません。

 

タメ口に、
「明るい」
「親しみやすい」

 

という印象を恐らく
持っているのかもしれません。

 

しかし、これはマナーに
反しますよね。

 

明るい、親しみやすいという
個性を印象付けたいが為に
初対面からタメ口でしゃべる
というのは、正解では
無いと言えます。

 

初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴4:タメ口キャラの芸能人に影響されている

 

昨今のテレビ業界では
タメ口キャラでブレイクしている
芸能人を見かけることも
増えてきましたよね。

 

その芸能人への憧れの
気持ちから、意図的にタメ口
でしゃべるという人もいます。

 

考えてみればわかる事ですが
タメ口でも長くテレビ業界
に残る人というのは

 

敬語でしゃべるべきところでは
きちんと敬語を使っている
はずです。

 

そういった背景を全く考えずに
タメ口キャラが良い!
と思ってしまっている可能性
があります。

スポンサードリンク

初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴5:自分を大きく見せたい

 

これは初対面でタメ口で
しゃべる人がよく思いがちな
事ではないでしょうか。

 

初対面でタメ口を使う事で
相手を自分と同等もしくは
自分より弱い存在と認識して
いる可能性があります。

 

しかし、初対面の相手に
タメ口をきかれたから
なめられてる…

 

なんて落ちこむ必要は
ありません。

 

なぜなら、相手はタメ口を
きくことでしか自分を
大きく見せられないのですから。

 

そのような人は、あなたの
実力で見返してやれば
良いのです。

 

マナーの無い人は、いくら
自分を大きく見せよう
としても上に行くことは
出来ません。

 

初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴まとめ

 

  1. 初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴1:悪いことでは無いと思っている
  2. 初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴2:タメ口は親しみやすいと思っている
  3. 初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴3:個性だと思っている
  4. 初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴4:タメ口キャラの芸能人に影響されている
  5. 初対面でタメ口でしゃべる人の心理と特徴5:自分を大きく見せたい

 

いかがでしたでしょうか?

 

初対面からタメ口でしゃべる人
には、大きく分けて

 

「良かれと思っている(もしくは
悪いと思っていない)タイプ」
「相手を見下しているタイプ」

 

の2パターンがあるという
事はお分かりいただけ
ましたでしょうか。

 

敬語ができない人には、
あなたがその人を友達と
思っているなら、

 

後輩と思っているなら、
きちんと教えてあげるべき
でしょう。

 

そして、人を見下すように
タメ口をきいてくるような
人のことは気にしない方が
良いです。

 

「初対面でタメ口でしゃべる人
の心理と特徴5」でも
述べたように

 

あなたの実力で見返して
やればいいのです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。