嫌いなものを先に食べる人の心理や特徴と嫌いなものを食べる方法

生きていく上で色々な人と食事をする
機会があると思いますが、先に嫌いな
ものを食べる人と好きなものを先に
食べる人がいると思います。

 

嫌いなものを先に食べることができる
ようになれば、嫌いなものを確実に
食べることができるようになる
ということなので

 

今回は嫌いなものを先に食べる人の
心理や特徴、そして嫌いなものを
食べれるようになる方法まで
紐解いていきたいと思います。

スポンサードリンク

嫌いなものを先に食べれる人は自分ルールを作っている

 

嫌いなものを先に食べる人は何事に
おいても自分ルールを作っている
傾向があります。

 

  • この仕事を終わらせないと○○はできない。
  • この作業を今日中に終わらせないと絶対に○○には遊びにはいけない。
  • 洗い物を先にやりさえすればやっと楽しみしていた映画のDVDが見れる。

etc..

 

このように普段から自分ルールを作って
やりたくないことをやる意味を持たせる
思考ができているということです。

 

嫌いなものを先に食べる人は計画的

 

嫌いなものを先に食べる人は嫌いなもの
を先に食べてから好きなものを食べると
いう計画を自然に立てるような思考です。

 

なので食事でもその傾向があるため
基本的な人生設計や、何をやるにしても
計画的な人間である傾向があります。

 

もちろん計画的ではないと思う方も
いるかとは思いますが、実は自分が
気付いていないだけで、

 

何か夢中になれるものに出会ったりすると
その目標に向けてしっかり計画を立てたり
する人間の可能性があります。

スポンサードリンク

嫌いなものを先に食べる人は残さず食べるが前提

 

嫌いなものを先に食べる人は、今、
目の前にある食べ物を全部残さず食べよう
という意識が強い人です。

 

どちらにしても嫌いなものも含めて
全部食べるのであれば、先に嫌いなもの
から片付けておこうという心理になります。

 

嫌いなものを含めて全部食べようと思えば
嫌いなものを食べる動機付けが必要です。

 

その為には、

 

「嫌いなものを先に食べたら好きなものを
思う存分堪能して食べていいよ。」

 

と動機付けをしています。

スポンサードリンク

嫌いなものを食べれるようになる思考方法

 

上記のことから嫌いなものを食べるために
必要な心理は、

 

「嫌いなものを食べる理由を作る」

 

と言うことです。

 

嫌いなものを食べるという行動を
自分に起こさすためには、

 

何故この嫌いなものを食べないと
いけないのか
という目的が必要になります。

 

目的がないと行動は絶対に起きません。

 

目的地が決まっていないのに飛行機に乗る
という行動は起こしません。

 

行きあたりばったりの旅をする為に
どこに行くかを決めないで電車に乗る
こともあると思われるかもしれませんが、

 

これは「行きあたりばったりの旅をする」
ということが目的になります。

 

なので嫌いなものを食べる
目的を作ることが必要です。

 

なぜ嫌いなものを食べるのですか?

 

と聞かれて、

 

好きなものをこの後存分に
堪能するためです。

 

このように答えることができたら
嫌いなものを食べることができる
ようになる確率も高くなるでしょう。

 

さらにこの思考の前にまず目の前に
ある自分の為の食事はしっかり全部
食べようという意識が必要になります。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。