会社をすぐに辞める人の5つの心理的特徴

会社をすぐに辞める人の中には
もっともだと思う理由や
性格的に続かないなど
色々な理由があるでしょう。

 

多くの人は生活のためや
家族のために働きつづけることを
選択します。

 

特に高齢になるにつれて
その傾向はあります。

 

しかし性格が原因で
会社をすぐに辞めてしまう人も
中にはいます。

 

性格を変えることは
難しいですが

 

とらえ方や考え方を
主観から客観へシフトすることで
すぐに辞めなくても
解決する場合もあります。

 

スポンサードリンク
 

会社をすぐに辞める人の5つの心理的特徴

会社をすぐに辞める人の心理的特徴1「転職市場に有利な若いうちに辞める」

 

転職市場では
やはり若いほうが有利です。

 

経験は少なくても
新しい職場への適応力も早く
仕事の覚えもいいですし

 

長く働いてくれれば
投資した費用対効果も
高くなります。

 

それを見越して就職した職場が
本当に合わない場合や客観的にみて
将来性を感じられない場合には
スパっと転職する人もいます。

 

ずるずると悩んで
辞めにくくなってから
転職を考えるよりは

 

自分の居場所ではないと
判断した時点で行動するほうが
本人にも会社にもプラスになります。

 

その判断が正しいかどうかよりも
自分がどう生きたいか
何を目指すのかを
明確にすることが大切です。

 

それをよく考えて
転職という判断を
自分で決めたなら
絶対に後悔することは
ありません。

スポンサードリンク

会社をすぐに辞める人の心理的特徴2「仕事で嫌なことがあった」

 

会社をすぐに辞める人の中には
仕事で嫌なことがあって
すぐに辞めてしまう人もいます。

 

仕事ですからもちろん嫌なことも
たくさんあるでしょう。

 

特に就職したばかりで、まだ
会社という組織や社会で生きる
ことの経験が浅いころは
そう感じることも多いでしょう。

 

嫌なことの内容にもよりますが
向き合うべきか辞めるべきかは
慎重に考えましょう。

 

嫌だと思っても今はその問題と
向き合い乗り越えたほうが
長い目で見て成長につながる
こともあります。

 

自分だけでは客観的に見つめることが
できなければ同じ職場の信頼できる
先輩や上司に相談してみるのも
一つの方法です。

 

同じような経験をしているからこそ
アドバイスできることもあります。

 

会社をすぐに辞める人の心理的特徴3「人間関係がうまくいかない」

 

会社の人間関係は
仕事をも左右するくらい
重要なポイントです。

 

会社をすぐに辞める人の多くは
人間関係がうまくいかないことを
理由に辞めていきます。

 

世の中には
合う人も合わない人もいます。

 

会社ですべての人と
合うなんてことはありません。

 

みんな
合わない人とはそれなりに
工夫したり距離をとりながら
上手く付き合っているのです。

 

人間関係がうまくいかないからと
いう理由で転職しても次の職場でも
必ず人間関係がうまくいかなくなるでしょう。

 

辛いことかもしれませんが
なぜ人間関係がうまくいかないのか
一度自分自身を見直してみましょう。

 

客観的に見たときに
会社でのあなたの振る舞いを
どのように感じるでしょうか?

 

この客観的な見方を身につけて
自分自身改善できるところは

 

変えていくことで人間関係が
うまくいかないと苦しむことは
なくなるでしょう。

スポンサードリンク

会社をすぐに辞める人の心理的特徴4「勤務条件の不満」

 

会社をすぐに辞める人の中には
勤務条件の不満から
辞める人もいます。

 

仕事に見合った給与ではなかったり。
残業が思いの他多かったり。

 

あるいは
社風が合わなかったり
することもあるでしょう。

 

そのような条件が
自分とは合わないと感じて
すぐに辞めてしまうのです。

 

この場合は
転職をする際によく条件を
確認することや
面接で質問して
確認しておく必要があります。

 

確認をしたけど
入社してみたら言っていたことと
違うこともあります。

 

半年1年と仕事をしていくうちに
任される仕事も変わってきたり
上司や周りの評価で
思いがけずやりがいのある
仕事を任されることもあります。

 

条件が合わないからと辞める前に
しばらく続けて周りに評価されて
自分の意見が言えるようになるまで
頑張ってみましょう。

 

そのうえで相談したら
あっさり受け入れられて
好条件になることもあります。

 

あなたの頑張り次第で
状況をかえることは可能です。

 

また努力して状況を変えた経験は
あなたにとってプラスとなるだけでなく
成功体験としてこれからの自分に
活かされていきます。

スポンサードリンク

会社をすぐに辞める人の心理的特徴5「本当のブラック企業」

 

会社をすぐに辞める人の中には
本当のブラック企業に
就職してしまった人もいるでしょう。

 

ブラック企業は
社会的にも問題になっていますが
入社するとなかなか辞められなくて
困っている人もいるかもしれません。

 

労働者は
労働基準法をはじめ
さまざまな法律で
守られている立場です。

 

徹夜や休日出勤はあたりまえで
異常な労働時間だったり
違法な労働を
させられているようなら
転職を考えたほうがいいでしょう。

 

常識的に見て
おかしと思う場合や
相談したいけど
社内の人には相談できない場合は
公的な相談窓口に相談してみましょう。

スポンサードリンク

会社をすぐに辞める人の5つの心理的特徴まとめ

 

会社をすぐに辞める人の5つの
心理的特徴をまとめると

 

  1. 会社をすぐに辞める人の心理的特徴1「市場に有利な若いうちに転職を考える」
  2. 会社をすぐに辞める人の心理的特徴2「仕事で嫌なことがあった」
  3. 会社をすぐに辞める人の心理的特徴3「人間関係がうまくいかない」
  4. 会社をすぐに辞める人の心理的特徴4「勤務条件の不満」
  5. 会社をすぐに辞める人の心理的特徴5「本当のブラック企業」

 

などがあります。

 

すぐに辞めたほうがいい場合も
辞めずにとどまって
問題と向き合い乗り越えたほうが
自分の成長につながる場合もあります。

 

もし問題を乗り越えることが
あなたにとってプラスなら
自分を変える機会だと
考えてみてください。

 

どんな経験も
年齢を重ねていくと
必ずどこかで役立ちます。

 

あるいは
同じ問題に苦しむ人に
アドバイスをして
手助けすることができるのです。

 

あなた自身そうやって
助けられて
問題を乗り越えることが
できるかもしれません。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。