子供が嫌いな人の5つの心理と特徴

子供が近くに来ると、
避けるようにその場を去る。

 

結婚願望はあっても、子供
は欲しいと思っていない。

 

という人は、男女問わずに
いるようですね。

 

もちろん子供が大好き!
という人も多いですから、

 

そのような人からすれば
子供を嫌いだと思う人の
心理というのはなかなか
理解しにくいものがある
のではないでしょうか?

 

そこで今回は、「子供が
嫌いな人の5つの心理と特徴」
をご紹介したいと思います
ので、子供が嫌いな人の原因
は一体なんなのか、見て
いきましょう。

スポンサードリンク

子供が嫌いな人の5つの心理と特徴

子供が嫌いな人の心理と特徴①子供にトラウマがある

 

子供にトラウマって?
と思う方も多いかも
しれませんが、

 

子供が嫌いな人の中には、
元々は子供が嫌いでは
なかったけれど

 

過去に子供に嫌われて
しまった経験があり、
そこから子供の扱い方が
わからなくなってしまった。

 

それが原因で子供が嫌い
になってしまったという
人もいるのです。

 

子供というのは私たち大人
が思っているよりもデリケート
な子が多いですから、

 

ちょっとした言葉で傷ついて
しまったり、泣いてしまったり
するものです。

 

もちろん過去に子供に嫌われ
てしまったという人に悪気は
なかったはずですが、だからこそ

 

「なんでこんなことで
泣くの?」
「なんでこんなことで
嫌われるの?」

 

と混乱してしまう人も
中にはいます。

 

このような過去の経験から、
子供を嫌いになってしまう
場合があるようですね。

 

子供が嫌いな人の心理と特徴②容姿に自信がない

 

自分の容姿に自信がない。

 

なぜこの心理が子供嫌いに
繋がってしまうのでしょうか?

 

それは、子供の素直さが故
に生じてしまう問題がある
からです。

 

子供というのは無邪気で
素直です。

 

目に見えたものや思ったこと
などを、なんのフィルターも
通さずに正直に発言します。

 

特に幼い子供というのは、
気を使うということなど
まだ覚えていない子が
ほとんどですからね。

 

そのような子供に、
ストレートに自分が
コンプレックスだと
思っていることを指摘
されてしまったりする
こともあります。

 

もちろん子供には悪気は
ありません。

 

思ったことをそのまま口に
出しただけに過ぎません。

 

しかし、子供のその何気無い
一言で傷ついてしまう大人
もいます。

 

このように、何でもかんでも
素直に発言してしまう子供を
恐れる気持ちから、

 

容姿に自信がない人は子供を
嫌いだと思ってしまう人が
いるのですね。

スポンサードリンク

子供が嫌いな人の心理と特徴③騒がしいところが嫌い

 

子供というのは活発で
元気に遊びまわっている子
が多いですよね。

 

まだマナーや常識といった
ことを身につけていない
子供は、天真爛漫に遊び
まわります。

 

そして、ときには大きな声
を出しながら楽しそうに
遊ぶときだってあります。

 

子供にとってはそれが
楽しくて仕方がないのですね。

 

しかし、それをよく思わない
人もやはりいるのです。

 

騒がしいところが嫌いな
人の中には、このように騒ぐ
子供に対して理解の心が
持てずにただただ邪魔な
存在として認識してしまう
人もいるのです。

 

このような人には、子供が
騒ぐ気持ちを少しは理解して
あげて欲しいと思うところ
ですが、

 

もしこれが公共の場などで
あった場合は注意しない親に
責任があると言えますので、

 

一概に騒ぐ子供を嫌がる人が
酷いとは言えませんね。

 

子供が嫌いな人の心理と特徴④精神年齢が低い

 

精神年齢が低い人というのは、
子供に対して「子供だから」
という考えを持てず、
同じ目線で物事を考えます。

 

例えば子供が学校から帰る
姿などを見ているときに、

 

「自分は一生懸命働いてる
のに子供はもう家に帰るのかよ」

 

などといった心理を持ちます。

 

もちろん子供はまだ社会人では
ありませんので、決まった時間
に学校へ行ったら、決まった
時間には家に帰ります。

 

当たり前のことですよね。

 

精神年齢の低い人はそれを
羨ましいと思ったり、ずるい
と思ってしまうところが
あるのです。

 

大人と子供という境界線
がなく、同じ人間として
考えています。

 

自分がまだまだ大人になり
きれていないということに
気付いていない可能性が
ありますね。

スポンサードリンク

子供が嫌いな人の心理と特徴⑤潔癖症

子供嫌いの中には、自分が
潔癖症であるが故に子供を
受け入れづらくなっている
という人もいます。

 

その理由は、子供をという
のはたくさん遊んで泥だらけ
になるのが当たり前ですし、
また部屋を散らかすのも
当たり前と行っても過言
ではないからです。

 

潔癖症の人は、その名の通り
汚れに対する拒否反応が
極端です。

 

ですので、すぐに泥だらけ
になってしまったり、
後片付けが出来ない子供に
対しても拒否反応を示して
しまう場合があります。

 

こういった特徴を持つ人は、
おそらく自分の子供を授かる
時が来れば、子供嫌いを
克服できる可能性がある
かもしれませんが、

 

それまではやはり子供と
言えども他人ですので、
他人に自分のテリトリーを
汚されるというのは我慢
ならないことなのかも
しれませんね。

 

子供が嫌いな人の心理と特徴まとめ

 

  1. 子供が嫌いな人の心理と特徴①子供にトラウマがある
  2. 子供が嫌いな人の心理と特徴②容姿に自信がない
  3. 子供が嫌いな人の心理と特徴③騒がしいところが嫌い
  4. 子供が嫌いな人の心理と特徴④精神年齢が低い
  5. 子供が嫌いな人の心理と特徴⑤潔癖症

 

いかがでしたでしょうか?

 

子供が嫌いという方には、
それなりに様々な理由を持つ
人が多いようですね。

 

誰にでも苦手なものは
ありますので、無理に受け
入れる必要はありませんが、

 

子供嫌いであったとしても
子供への対応が雑になって
しまわないように大人として
は心がけて欲しいところですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。