ブランドが好きな女の5つの心理的特徴と理由

世の中には様々な商品があります。
当たり前ですが、商品によって
その価格は様々ですよね。

 

数円で売られているものもあれば、
何十万、何百万、何千万…と
高額で売られているものなど、
上を見ればきりがありません。

 

特に、有名ブランドのものは、
値段が高いものが多いイメージです。

 

そんな高価なものを、いつもいつも
購入している女性を見たことは
ありませんか?

 

そういったブランド物がおしなべて
良いというわけでもないのに、何が
彼女たちをそこまで引き付けるので
しょうか?

 

そこで今回は、そんなブランドが
好きな女性の心理に迫ってみたいと
思います。

ブランドが好きな女の5つの心理的特徴と理由

ブランドが好きな女の心理的特徴と理由1「みんなから注目されたい」

 

ブランド(特に有名なもの)を持つ
女性にとって、これが最も多い理由
なのではないでしょうか。

 

あまりブランド物について詳しくない
人でも、名前くらいは知っているほど
有名なブランドというものは確かに
ありますよね。

 

そして大抵の有名ブランド物は、
そのブランドをアピールするように
ブランドロゴが商品に記されています。

 

人間は自分が知っているものには
無意識的に注目しているものなので、

 

あなたも街中で有名ブランドを
身に着けている女性を見た時、
何気なく見ているかもしれません。

 

また、有名ブランドのものでなくても、
特定の人が知っているようなブランドは
その限られた人からの注目を浴びること
ができるわけです。

 

ブランド物が、他者の視線を集める
シンボルになっているわけですね。

 

ブランドが好きな女の心理的特徴と理由2「自分が裕福であるとアピールしたい」

 

これは有名ブランド物を身に着けて
いる女性に限った話ですが、

 

その女性は自分がお金持ちであることを
周りにアピールしたい場合もあります。

 

当然ですが、有名ブランドのものは
高価なものが多いです。

 

そんなブランド物を買って
所持できていることは、

 

「自分にはお金がある」

 

と示せていることになります。

 

お金持ちアピールがしたくて
「自分はお金持ちだ!」なんて
本人の口から言っても
周囲の顰蹙を買うだけでしょうが、

 

有名ブランド物を身に着けて
いるだけなら、それとなく
「自分は裕福なのだ」と周囲に
示すことができるでしょうね。

 

ブランド物は彼女らにとって、
裕福の象徴なわけです。

ブランドが好きな女の心理的特徴と理由3「世間が良いとしているものを持って安心したい」

 

ブランドは有名なものほど、
多くの人に支持され愛されて
いることになります。

 

つまり、世間がそのブランドの
存在を容認していて、良いものだ
としていることになります。

 

ブランドが好きな女性は、
その世間が認めているブランド物
を身に付けて、安心したいのかも
しれません。

 

大多数が良いとしているものならば、
自分で本当に良いか判断しなくとも
世間的には許されますからね。

 

自分で判断する手間も省けるし、
もしそれが本当に良いものでなくても
特に周りからバッシングされることは
ないだろう、というわけです。

 

もちろん、自分がいいなと
思ったものでも、周囲から変なものだ
と言われることが怖くて嫌だなと
思うことは自然なことです。

 

しかし、本当にその商品は
自分にとって価値のあるものなのか
ということは自分で判断して、
納得してから購入したいところ
ではあります。

 

ブランドが好きな女の心理的特徴と理由4「SNSに投稿して生活が充実していることを知らしめたい」

 

先程、心理2で有名ブランド物は
富の象徴であることをお話しました。

 

つまり、それを持っていること自体が
自分のステータスになるわけですね。

 

「自己承認欲求(他者に自分を
認めてほしいと思うこと)」が強いと
思われるブランド好きな女性は、
もっと多くの人が見る場で
その欲求を満たそうとするでしょう。

 

SNSにブランド物の写真を投稿すれば、
その投稿に友人が反応してくれたり、
その投稿が拡散されて自分の知らない人
にまで自分のことを認知されたりします。

 

つまり、SNSは自分アピールの
格好の場なわけです。

 

自己承認欲求が強すぎると、そのSNSに
投稿するためだけに借金をしてまで
ブランド物を買い漁ってしまったケースも
見られますので、気を付けたいところです。

 

ただ、他者から自分を容認されたいと
思うことは、誰しもが持っている
人間として正常な感情です。

 

しかし、ブランド物を持つことで
その欲求を満たそうとしているのなら、
やめたほうがいいでしょう。

 

なぜなら結局そのブランド物が
なければ、その人に価値がない
ということになってしまうからです。

ブランドが好きな女の心理的特徴と理由5「単純にそのブランドが好きである」

 

ここまでお話してきましたが、
ブランド物が好きな女性を
否定するような内容になって
しまったかもしれません。

 

しかし、誤解がないようにすると、
私はブランドを持つこと自体がダメだ
とお伝えしたいわけではありません。

 

私も好きなブランドはありますし、
よくそのブランドの商品を買っています。

 

ブランドが好きな女性の中には、
単純にそのブランドのデザインが
好きだったり、個人的にそのブランドに
思い入れがあったりだとかして、
そのブランドの商品を愛用している方も
いらっしゃるでしょう。

 

ブランドが好きな女の5つの心理的特徴と理由まとめ

 

  1. ブランドが好きな女の心理的特徴と理由1「みんなから注目されたい」
  2. ブランドが好きな女の心理的特徴と理由2「自分が裕福であるとアピールしたい」
  3. ブランドが好きな女の心理的特徴と理由3「世間が良いとしているものを持って安心したい」
  4. ブランドが好きな女の心理的特徴と理由4「SNSに投稿して生活が充実していることを知らしめたい」
  5. ブランドが好きな女の心理的特徴と理由5「単純にそのブランドが好きである」

 

いかがでしたか?

 

人それぞれ好きなブランドがありますから、
人の好みに口出しすることはありません。

 

しかし、再度申し上げますと、

 

「そのブランドが本当に好きで、
自分にとって価値があるものとして
その商品を購入しているのか」

 

ということは、一度自分で
考え直したいところです。

 

自分の好きなものを身に付けて、
素敵な生活を送ってくださいね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人の89%の人が下記の記事も読んでいます。